【G大阪&浦和】勝敗を分けたもの――今野「サポートが不足」vs那須「ラインを下げない」

カテゴリ:Jリーグ

2015年05月02日

ノーゴールに終わった宇佐美。史上5人目の快挙ならず。

シュート2本に終わった宇佐美(39)。終盤のチャンスで放ったシュートは、無情にもGK西川の好守に阻まれた。 写真:田中研治

画像を見る

「同一クラブでの連続試合得点ランキング(J1通算)」の表。宇佐美はクラブタイの6試合連続ゴールで記録がストップした。

画像を見る

 最後に、注目を集めていた宇佐美について言及したい。クラブ新記録の7試合連続ゴールがかかり、もし決めていれば「同一クラブでの連続試合得点ランキング(J1)」で史上5人目の快挙だった(表を参照)。
 
 果たして、シュートは2本に終わり、見せ場と言えば終盤に放ったシュートのみ。今野は「貴史を責めるのはよくない」と同情を寄せる。
 
「今日は貴史に良いボールを供給できなかった。前線で待っていて、フリーになったところで足もとに付けたり、スルーパスを出せなかった」
 
 浦和に上手く分断された結果でもあるが、G大阪は前線までボールを運べず、宇佐美とパトリックが孤立していた感は否めない。ただそれでも、今野は「貴史のファンとして」とエースに注文をつけるのである。
 
「最後の決定的なチャンスは決めてほしかった。貴史なら決められたはず。あのコースは(西川)周作なら止めるし、東口でも止めている」
 
 愛情の裏返しとも言える手厳しいコメントだが、宇佐美とはそれだけ期待を寄せたくなる男なのである。

取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト)

【J1 PHOTOハイライト】浦和 1-0 G大阪
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和×G大阪|ズラタンの決勝弾で浦和が首位堅持! クラブ新記録の開幕9戦負けなし
【浦和】悲劇の死を遂げた元チームメイトに捧げる、ズラタンの決勝ゴール
【J1】白熱の首位攻防戦はズラタンの一発で浦和に軍配!
【G大阪】宇佐美貴史と歴代得点王を比較。その得点率は「史上二番目」
2015 J1 1stステージ日程【7節~12節】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ