【浦和】悲劇の死を遂げた元チームメイトに捧げる、ズラタンの決勝ゴール

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年05月02日

「不運にも亡くなってしまった元同僚のために」。G大阪との大一番、84分に決めた!

先頃、試合中に突然倒れそのまま帰らぬ人となったグレゴリー・メルテンスは、ズラタンの元同僚だった。ゴールはその彼に捧げるものでもあった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 首位・浦和と2位・G大阪の大一番、決勝ゴールを叩き込んだのは今季大宮から加入したFWズラタンだった。

【J1 PHOTOハイライト】 浦和 1-0 G大阪

【J1採点&寸評】1stステージ・9節|全9試合の評価をチェック!
 
 84分、G大阪のミスを突いた李がボールを持って、左サイドの武藤に展開。武藤から左サイドを駆け上がった宇賀神にパスをつなぐ。そして宇賀神の左足から放たれた鋭いクロスに対し、ニアサイドで阿部が潰れ役となり、ファーサイドにいたズラタンがしっかり右足で合わせて叩き込む。彼にとって待望の浦和でのリーグ戦ホーム初ゴールが、この大事な場面で飛び出したのだ。
 
 ズラタンはこの得点の価値について、次のように語っていた。
 
「僕は特別なことはしていない。正しいポジションに入り、正しくシュートを決めただけさ。ただ、そのゴールが決まるまでの過程が素晴らしかった。李から武藤にボールが出た時には、ウガ(宇賀神)は自動的に縦に走り出してスペースを突いていた。そこでパスを受けたウガが、精度の高いクロスを送ってくれた。あとは合わせるだけだったからね。しかもゴール前にはレッズの選手が5人ぐらい詰めていた。その積極性を含めて、本当に素晴らしかったと思う」
 
 また、浦和のユニホームを着てリーグ戦埼スタ初ゴールがこの一戦で決まったことにも、「正しいタイミングだったよ」と微笑んだ。
 
「なにより、この恵まれた幸せな環境(今季J1最多5万3148人が来場)で勝点3を手にできた。特別な大きな勝利。そこに貢献できて嬉しい」
 
 背番号21はそのように得点が決まった道程であり、そして勝利を手にしたことを喜んでいた。
 
 加えて彼自身、特別な想いを抱いて、試合に臨んでいた。ベルギーのゲント時代(07年から12年まで在籍)のチームメイトだった元U-21ベルギー代表DFのグレゴリー・メルテンス(ゲントには10-11シーズンに在籍。今季はロケレンに所属)が4月27日にリザーブリーグの試合中に倒れて心肺停止状態となり、その後、病院で亡くなるという悲報が彼のもとに届いた。将来を嘱望視されていた24歳の若きタレントで、その突然の別れは、ともに汗を流した仲間のひとりとして、受け入れ難いものであった。
 
 ズラタンはメルテンスについて触れた時だけ神妙な面持ちになり、天へ捧げるように言った。
 
「(来日した)家族の前でゴールを決められたことは嬉しく思う。でも……先日、ベルギーでの元チームメイトが試合中の事故で不幸にも亡くなってしまい、僕もとても悲しい想いを抱いていた。だから、今日は彼に捧げる、彼のためのゴールだった。これからはゆっくりと、安らかに、眠ってほしい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ