【プレミアリーグWEST展望】タレントを揃える名古屋、鳥栖、G大阪などが優勝候補。風間氏を迎えたC大阪も注目!

カテゴリ:Jリーグ

森田将義

2021年04月05日

風間イズムを知る島岡監督が率いるC大阪U-18

磐田U-18の西村日陽。写真:森田将義

画像を見る

 セレッソ大阪U-18は風間八宏氏をクラブ技術委員長に迎え、新体制でのスタートを切った。風間イズムをよく知る島岡健太監督の下、拘るのは「止める・蹴る」といった基礎技術の向上。島岡監督は「世界のサッカーを見ていると技術の部分が違いになっている。世界で戦えるようボールを意のままに操れる選手になってほしい」と口にする。3月に行なわれたフェスティバルでは、正確な技術を活かし、思い通りに試合をコントロールできる展開も多かった。エースナンバーの8を背負うFW末谷誓梧(2年)やMF北野颯太(1年)、ルーキーらしからぬ存在感を見せるMF石渡ネルソン(1年)ら楽しみな選手が多く、実りの多い1年になりそうだ。

 大津高と東福岡高の高体連勢は、例年とは違い、一人で試合を決められる絶対的なエースが今年は不在で、組織としていかに戦えるかがポイントとなる。前者はU-18日本代表のMF森田大智(3年)とU-16日本代表候補のFW小林俊瑛(1年)、後者は主将のDF段上直樹(3年)、C大阪U-18から移籍加入したMF大渕来珠(3年)がキーマン。組織的な戦いの中で彼らが要所で力を出せれば、望外の結果も見えてくる。

取材・文●森田将義(サッカーライター)
【関連記事】
【プレミアリーグEAST展望】高校年代最高峰リーグが2年ぶりに開催!優勝争いは柏、青森山田を軸に展開か?
【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
「去年は迷いがあった」青森山田の10番・松木玖生が明かした昨季の苦悩。変貌のカギは“スプリント”
「結果は受け入れがたい」本田圭佑が新天地デビュー戦に悔しさ露わも…3か月ぶりの公式戦に「やっぱりいいっすね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ