【プレミアリーグWEST展望】タレントを揃える名古屋、鳥栖、G大阪などが優勝候補。風間氏を迎えたC大阪も注目!

カテゴリ:Jリーグ

森田将義

2021年04月05日

2種登録のプロ候補生を抱える広島、神戸が上位に食い込む可能性も

神戸U-18の永澤海風。写真:森田将義

画像を見る

京都U-18の遠山悠希。写真:森田将義

画像を見る

 もう一つの上位候補がサンフレッチェ広島F.Cユース。2種登録されるFW棚田遼(3年)とFW森本空斗(3年)を筆頭に個性豊かなアタッカー陣が揃うのが強みだ。MF池田柚生(3年)を中心としたボール回しから、後方の選手が前方の選手を積極的に追い越すアグレッシブなスタイルも魅力で、開幕戦はMF高柳英二郎(3年)の2ゴールにより、3-0で制した。新チームが立ち上がった当初は、メンバーが大きく変わった守備に不安を抱えていたが、「ピッチの先生。気持ちが強い子で声が出せる。今の時代に珍しい子」(髙田哲也監督)である主将のDF光廣健利(3年)を中心に組織で守り、無失点で終えたのも収穫だ。

 その広島に敗れたヴィッセル神戸U-18は、トップチームに2種登録されるMF永澤海風(2年)を筆頭に中盤に技巧派を揃え、ポゼッションスタイルを売りにするチーム。加えて、守備陣にもGK高橋一平(3年)、DF尾崎優成(3年)と世代屈指の実力者がおり、これからの立て直しが期待される。あとはここぞの場面で点を決められるエースが現われれば上位に食い込む可能性は十分にある。

 京都サンガF.C. U-18は今季から志垣良監督が新たに就任し、「トップチーム同様にスペースを見つけながら見つけて、相手のズレを作っていく。ズレを作りながら流動的にポジションをとっていくサッカー」(志垣監督)を目指す。ジュビロ磐田U-18とのオープニングゲームでは怪我人が多い影響もあり、0-1で敗れたが、U-18日本代表のMF遠山悠希(3年)からは逞しさを感じた。FW平賀大空(2年)ら下級生が揃う攻撃陣もアグレッシブなプレーを見せており、彼らの成長と共に成績も右肩上がりになっていきそうだ。

 京都に競り勝った磐田は、小林稔監督が「WESTは前かかりなゲームになってくると思う。強豪と渡り合えるだけの選手はいると思う」と口にする通り、FW辻颯人(3年)、MF西村日陽(3年)といった攻撃陣が今年の顔。開幕戦は怪我で出場を回避した司令塔のMF藤原健介(3年)が復帰すれば、より攻撃の怖さが増していく。守備でも跳ね返しに長けたDF岡航平(2年)ら楽しみな選手がいるため、初のWESTでも存在感を見せそうだ。
 
【関連記事】
【プレミアリーグEAST展望】高校年代最高峰リーグが2年ぶりに開催!優勝争いは柏、青森山田を軸に展開か?
【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
「去年は迷いがあった」青森山田の10番・松木玖生が明かした昨季の苦悩。変貌のカギは“スプリント”
「結果は受け入れがたい」本田圭佑が新天地デビュー戦に悔しさ露わも…3か月ぶりの公式戦に「やっぱりいいっすね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ