【橋本英郎】天皇杯決勝の明暗を分けた3つのポイント。ガンバは“挑戦者”になり切れなかった──

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2021年01月03日

タイトル獲得に繋がる答。個人的にとても勉強になる決勝だった

橋本は鬼木監督の明瞭な交代策に感銘。元日決戦では残り10分で、前線の守備強化と活性化のため、小林(右)が投入された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 このあたりは、間違いなく結果論です。僕は試合を振り返って書いているので、やはり結果ありきの話になってしまいます。たらればはスポーツの世界ではご法度ですが、こうしておけば良かったという決断を、その瞬間に下せるかどうか。それがタイトル獲得に繋がる答なのかもしれない。個人的にとても勉強になる元日決戦となりました。

 かつて天皇杯で優勝した際は、ここまで考えることはありませんでした。年齢を重ねていろいろな経験をしてきたなかで、この考えに至っています。

 2021年シーズンは、「たられば」を少しでも無くしたい、そんな一年にしたいと、あらためてつくづく感じさせられました。

<了>

橋本英郎

PROFILE
はしもと・ひでお/1979年5月21日生まれ、大阪府大阪市出身。ガンバ大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格。練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨、J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の黄金期を支えた。府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、卒業した秀才。G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレー。2019年からJFLのFC今治に籍を置き、見事チームをJ3昇格に導く立役者のひとりとなった。日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場。現在はJリーガーとして奮闘する傍ら、サッカースクールの主宰やヨガチャリティー開催など幅広く活動中だ。Jリーグ通算/463試合・21得点(うちJ1は339試合・19得点/2021年1月3日現在)。173センチ・68キロ。血液型O型。

【天皇杯決勝PHOTO】川崎1-0G大阪|三笘薫の決勝弾で川崎、念願の天皇杯初優勝!中村憲剛の現役ラストゲームに華を添える!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ