【橋本英郎のJ3総括】なぜ秋田が独走優勝を飾り、2位を巡る昇格争いが熾烈を極めたのか──

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2020年12月30日

戦術の徹底と5人の交代枠に「勝因」が

今季J3で26試合に出場した橋本。来季はJ2昇格を現実的な目標に据える。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 みなさん、こんにちは。FC今治の橋本英郎です。いろいろあった2020年シーズンのJリーグも終わり、3つのカテゴリーで熾烈な争いが繰り広げられました。

 FC今治が初めて戦った舞台が、J3です。今回はあまり取り上げられる機会が少ないJ3の2020年シーズンに関して、僕が感じたことなどをまとめてみたいと思います。3つの注目ポイントに分けて書かせてもらいます。

【テーマ①:ブラウブリッツ秋田はなぜこれほどまでに勝ち続け、安定していたのか?】

 2位に12ポイントもの差を付けて、J3優勝とJ2昇格を飾ったのがブラウブリッツ秋田です。なぜそこまでの独走態勢に入れたのか。端的に言えば、それは戦術の徹底と5人の交代枠にあったと僕は考えています。

 彼らの戦いは、シーズンの前半戦から統率された守備と、迫力あるカウンターとセットプレーを中心とした攻撃にありました。特にディフェンス時の身体を張る部分、人数をかけて守り切るところに目を見張るものがありました。

 相手チームにボールを保持されていても我慢強く耐え切る守備。そこから効果的なカウンターを仕掛け、コーナーやセットプレーを確実に取り、数少ないチャンスでもしっかり得点を奪ってみせる。そしてゴールを挙げることで、より堅守に磨きがかかっていった。そんな印象を抱きました。

 また、苦しい展開でなかなか点が取れていなくとも、最終的には交代で投入された選手がダメ押し点、勝ち越し点をしっかり決める。他チームが勝ち切れない試合があるなかで、ベンチメンバーを含めた戦い方を追求し、90分プラスロスタイムで勝ち切る強さを備えていました。

 SC相模原が最後の最後に滑り込みで昇格を果たせたのも、シーズンの後半戦を負けなしで戦い続けられたから。彼らも堅守速攻の徹底にセットプレーからの得点と、秋田に似た勝ちパターンを整えていました。

 最終節は僕たちFC今治に勝つのが昇格条件でしたが、それまでに負けない戦いを貫き、勝点を着実に積み上げてきたからこそ、成し遂げられた昇格だと感じています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ