【天皇杯 採点&寸評】川崎 1-0 G大阪|試合を決めたのはやはり“持っている男”! 中村憲剛ラストマッチで川崎が歓喜の戴冠

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年01月01日

川崎――守備陣は粘り強く耐える

【警告】川崎=なし G大阪=パトリック(45分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】三笘 薫(川崎)

画像を見る

[天皇杯 決勝]川崎1-0G大阪/1月1日/国立競技場
 
【チーム採点・寸評】
川崎 7
前半は5バックで自陣をカバーしてきたG大阪を崩し切れず。それでも冷静だったチームは、後半に入って55分、相手の一瞬の隙を見逃さずに三笘のゴールで先制! 1-0で勝ち切り、リーグ戦と合わせて目指していた1シーズン内での複数タイトル獲得を果たし、中村憲剛のラストマッチを最高の形で締めくくった。
 
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
最終ラインの裏に出されたボールに素早く反応。エリアを飛び出してクリアした。セービングも安定していた。83分のファンブルはヒヤッとしたが、終盤の相手の波状攻撃にもよく耐えた。
 
DF
13 山根視来 6.5
序盤から積極的に右サイドを駆け上がり、チャンスを演出。ゴールこそ生み出せなかったが、G大阪の守備を押し下げた。
 
4 ジェジエウ 6.5
パトリックとの迫力のある空中戦を演じながら力強いディフェンスを披露。気持ちのこもったプレーでクリーンシートに寄与した。
 
 
5 谷口彰悟 6.5
珍しくフィードが引っかかる場面こそあったが、ジェジエウらとともに堅い守備を築く。終盤のG大阪の攻撃も撥ね返した。主将としてさらに逞しくなった印象。
 
30 旗手怜央 6.586OUT
登里の負傷を受けてこの日も左SBで先発。クロスを合わせられないシーンはあったが、果敢にゴール前へ飛び込んでいくなど攻撃面で奮闘。エネルギーを使い切ったか86分に交代。

MF
6 守田英正 6.5
毎度のことながら相手の守備に狙われるシーンはあったが、いなしながらバランスを取った。前半には相手エリア内に攻め込み崩しにかかった。
 
25 田中 碧 6.5
ダイナミックに攻守に関わり、チームのエンジンとなる。プレースキッカーとしても貢献し、相手に脅威を与えた。よく走った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ