「久保と決定的に違うのは…」なぜ“韓国の至宝”イ・ガンインは伸び悩んでいるのか?バレンシア番記者に訊く

カテゴリ:ワールド

下村正幸

2020年07月15日

バレンシアに移籍を容認する考えはない

29節のマドリー戦ではS・ラモス(右から2人目)に3度の蹴りを食らわせて一発レッド。完全に我を失っていた。(C) Getty Images

画像を見る

 今回の移籍志願も、この一年を棒に振ってしまったという後悔の気持ちが駆り立てているのは間違いない。とはいえバレンシアにとってイ・ガンインは戦略上重要な選手であり続けている。

 クラブはかねてからカンテラ重視策を掲げており、オーナーが同じアジア人のピーター・リムという点もその価値をさらに後押しする。いくら選手サイドが訴えても、2022年6月までかわしている契約を盾に移籍を容認する考えはないはずだ。しかしだからこそイスキエルド記者は、今シーズンの失敗を教訓にバレンシアが改めてその育成に取り組む必要性を強調する。
 
「先日のバジャドリー戦での決勝ゴール(89分、バレンシアが2-1で勝利)が示すように、イ・ガンインの才能はやはり特別だ。この試合、後半途中から出場し、右サイドでプレーしたが、(セラーデスの後任の)ボロ暫定監督は局面に応じて自由に動いていいと指示を出しており、それが得点にも繋がった。

 彼の魅力は精度の高い左足のキックとプレーのアイデアの豊富さにある。そしてそうした持ち味はゴール近くのエリアでプレーしてこそ披露できるもので、逆に離れてしまっては突破力や守備力の欠如を露呈することになる。もちろん将来のことを考えれば課題を克服していく必要はあるが、まずは良さを発揮させることが重要だ。

 その意味でも、次の監督に誰が就任するかもポイントになってくる。若手は適切なプレー環境を整備することが、成長を加速させる。天才肌のイ・ガンインの場合はなおさらそうで、クラブは彼のプライドをうまくコントロールしながら、ハンドリングしていかなければならない」

 言葉だけでなく、どれだけ中身の伴ったプロジェクトを提示し、なおかつ現場とフロントが意識を共有しながら実行に移せるか。イ・ガンインの成長、そして今後チームの主力を担っていけるかどうかは、バレンシアの組織としての在り方そのものが問われている。

文●下村正幸
協力●セサル・イスキエルド(『Superdeporte』紙バレンシア番)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ