「久保と決定的に違うのは…」なぜ“韓国の至宝”イ・ガンインは伸び悩んでいるのか?バレンシア番記者に訊く

カテゴリ:ワールド

下村正幸

2020年07月15日

エースのロドリゴとポジションが被るが故に…

バレンシアで燻っているイ・ガンイン。契約延長のオファーを拒んでいる。(C) Getty Images

画像を見る

 韓国代表のイ・ガンインがバレンシアからの契約延長オファーに首を縦に振らず、移籍を志願している(現行の契約は2022年6月まで)。昨夏に続く去就騒動だが、この時は、レンタルを進言したマルセリーノ・ガルシア・トラル監督と残留を主張したフロントの意見が真っ向から対立した。そして、この衝突が指揮官の開幕直後の解任の要因のひとつにもなった。

 フロントがマルセリーノの後任として招聘したアルベルト・セラーデス(先月29日に解任)は、就任2戦目のチャンピオンズ・リーグのチェルシー戦でラスト数分ながら後半途中からイ・ガンインを起用。さらに翌週のラ・リーガ第6節のヘタフェ戦では得点を決めるなど、その後も継続的に出番を得ると思われた。

 しかし、それはほんの一過性の現象に過ぎなかった。同じカンテラーノのフェラン・トーレスのブレイクに本人の怪我も重なり、しばらくするとヒエラルキーの最下層に据え置かれるまでに追い込まれた。
 
 出番を得られなかった要因は、ポジションの問題とも関係がある。この19歳がもっとも得意とするのはトップ下かセカンドトップだ。ただそこにはエースのロドリゴが君臨しているため、自ずとサイドに活路を見出すしかないが、かといって突破力があるタイプではない。

 縦への推進力が求められる左サイドへの適性は低く、逆足となる右サイドについても中に切れ込めるよう自由を与えることが前提となる。ましてやバレンシアが常用するシステムは4-4-2。同サイドのサイドバックと連携を取りながら守備にも奔走する役割が要求されるが、運動量が豊富とは言えない現状のイ・ガンインに激しいアップダウンを繰り返すプレーを期待するのは酷である。

 セラーデス監督もそうした点を考慮して出場機会を与えなかったと考えられるが、問題は居場所を失ったことで、イ・ガンインがフラストレーションを溜め込んでしまったことだ。バレンシアの地元スポーツ紙『Superdeporte』のセサル・イスキエルド記者は、こう解説する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ