【安永聡太郎】CL優勝を見据えるバルサが直面する「メッシ問題」。戦術をとるのか、エースをとるのか――

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年06月28日

メッシは中盤に下げてゴールを狙わせるべき!

バルベルデに代わって今年1月に就任したキケ・セティエン監督(左端)(C) Getty Images

画像を見る

 向こう数年で「メッシ起用」に関する問題は絶対に起こります。

 ただメッシを使わない選択肢は、誰が監督であってもないはずです。僕の意見は、今後のバルサを考えると「流れの中で中盤に下りてくる」ことを前提にチームを作ったほうが良いと思っています。

 そのためには「よりゴールを奪えるウイングタイプの選手獲得」が必須条件ですし、バルサがより良い勝ち方をするためには、CLクラスの大一番でゴールができる選手を獲得しなければいけないでしょう。メッシはC・ロナウドのように肉体的なフィジカルに長けているわけではありませんから、ワンタッチゴーラーに進化するとは考えにくい。
 
 やはり後ろからゲームを作りながら最終的にペナルティエリアに入ってゴールを決める選手です。要するに、メッシのフィニッシャーとしての能力は二次的な部分です。彼は中盤でのゲームの作り出しとゴールの両方を成り立たせている選手で、少なくとも今後十年くらいは一人で二つをまかなう選手を発掘しようとしても解消できないレベルにあります。

 だとすると、中盤のつくりについては他の選手との組み合わせなどで何とかなる。メッシほど崩せる選手はいないにしろ、似たようなことができるプレーヤーは彼と組ませることで育たなくもありません。だから、メッシ以外の選手できっちりファーストオフェンスを成立させられるようにチームを作り、彼は二次的な攻撃要素に入れて考えていたほうが現実的な気がします。

 そうなるとシャビやアンドレス・イニエスタを生み出せるのかという話になりますが、似たような選手は定期的に出てきています。もちろんトップ経験が必要だから、そこで化けられるかどうかがハードルとして存在します。しかし、バルサは育成した選手をどう伸ばしていくかを見直すべきだと、感じています。

 バイエルンのチアゴ・アルカンタラのような選手を育てておきながら、外に出してしまった。彼がシャビやイニエスタの間合いでパスもドリブルも突破もいろんなシーンで活躍しているところを見ていると、非常に貴重な選手だったと思いますし、「メッシの近くでプレーしたら」と想像するだけでワクワクします。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ