【安永聡太郎】CL優勝を見据えるバルサが直面する「メッシ問題」。戦術をとるのか、エースをとるのか――

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年06月28日

「キケ・セティエンが率いる今季のバルサではCLのタイトルを獲れない」

メッシの4ゴールで大勝した25節のエイバル戦のメンバー(配置は攻撃時)。

画像を見る

 メッシに限らず、これはバルサのメンバー全体に言えることですが、純然たる1対1をやったらダメだということです。

「11分の1対11分の1」ならいいけど、「1対1」の個人の力比べをしたらバルサの選手は非常に難しい。アンス・ファティも、ジョルディ・アルバも、アルトゥールも、フレンキー・デ・ヨングも…。自分以外の他の10人を使いながら戦うのはうまいんです。でも、たとえばマドリーのような「サッカーIQ+アスリート能力も高い」選手と1対1になったときに剥がせないんです。たとえメッシであっても一番プレッシャーのあるエリアの1対1は、プレスバックの挟み込みもあるので厳しい!

 彼は複数の守備に囲まれた、守備が判断を迷う状況の中でプレーすることに秀でた選手です。複数の選手たちが密集した中で守備者が判断を見誤る状態を起こし、そこを突くのがとてもうまい。一般的な選手なら難易度の高いプレーを、彼はいとも簡単にやってのけます。僕も試合を見ていて「そのプレーは難易度が高いでしょ」と思いますが、彼の中では「難易度が低い」からスーッとやってしまうんです。自分に合った、楽なプレーなんでしょうね。

 相手の状況や状態に応じて立ち位置も調整できますから。現状、メッシを右サイドに据えてサイドの相手と常に1対1でマッチアップさせる状態より、トップ下で相手の混乱で隙を付ける環境に置いたほうが生き生きしています。彼が自由に動き、中盤のひし形がローテーションしながら最終的にメッシがペナルティエリアに侵入していく攻撃は効果が高いです。
 
 斜め(ダイアゴナル)の角度でペナルティエリアに入り込んだり、さらにそこに味方の動き出しがセットアップされたりしてゴールを襲っていく形が、現在のメッシのベストな使い方だと思います。ただし、こういう攻撃が確率高く行われるのは格下だから「CLを戦うときにどうするか?」という問題があります。

・ポゼッションが必要 
・立ち位置が重要
・メッシがボールを持ったときのセットアップが大切

 CLではボールに絡む数も減るから「メッシなしで再現性をどう生み出すか?」を、フロントが考えて判断しないといけないところです。

 当然チームを作るのはキケ・セティエンだから、彼が監督として実践できるのかを含め、冷静に考えて動かないといけないところです。僕は今シーズンの試合を見直し、そこをあらためて見つめて「キケ・セティエンが率いる今シーズンのバルサではCLのタイトルを獲れない」と思いました。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ