「NZで子どもに一番人気のあるスポーツはサッカーです」元Jリーガーが明かしたラグビーを選ばなかったワケと日本への想い

カテゴリ:特集

佐々木裕介

2019年10月27日

今回のラグビー日本代表メンバーとの意外なつながりも

オールホワイツの一員としてタイ代表と対戦。奥がケイン。写真:佐々木裕介

画像を見る

家族とのオフショット写真。タイでの生活も丸5年となった。写真:佐々木裕介

画像を見る

――話は変わりますが、いまでもラグビーはご覧になられているのでしょうか?

「私がサッカーを選んでから25歳ごろまではラグビーを敢えて触らなかった時期でした。わざとファウルをもらったり、すぐに倒れたりするイメージがサッカーには強く、ラグビー国家であるNZではサッカーを馬鹿にする人も多いんです。でも今は少しずつ状況が変わって来ていて、認められ始めていることも感じます。いまでは私もNZ国民として、またスポーツを愛するひとりとして、オールブラックス(ラグビーNZ代表の愛称)を応援していますし、今回のラグビーワールドカップも気になって観ていますよ」

――ブレイブ・ブロッサムズ(ラグビー日本代表の愛称)の快進撃で、いま日本では空前のラグビーブームに沸いているんです。

「もちろん知っています。実はオールブラックスよりも日本代表の試合の方を観ていますから(笑)。友人のミカ(ミカ・チューヌァンシー/タイ代表DF/バンコク・ユナイテッド所属)はタイとウェールズのハーフで彼もラグビーが大好き。この前ふたりで『日本のスクラムハーフ(流大選手)がすごく良いよな』って話していたんです。両ウイング(福岡堅樹選手/松島幸太朗選手)もすごく速くて好き。ボールスピードの速さで相手をかく乱させ、チーム全員で激しく戦えていたことが、世界を驚かせた要因かなとも。私も観ていて感動したひとりですから。そういえば、今回の日本代表に選ばれていた中村亮土選手と茂野海人選手は、NZへラグビー留学していたことがあるのですが、その時に私の母の家にホームステイしていたらしいんです。彼らが日本代表に選ばれたことを母は偉く喜んでいてね、縁を感じますよね」

――最後にお聞きします。オールブラックスはどこまで勝ち抜けると思っていますか?

「最後まで、優勝でしょう。3連覇、間違いないです。だってオールブラックスだから(※インタビューは10月26日以前に行った)」

■プロフィール■
ヴィンセント・ケイン

1988年生まれ、ニュージーランド・オークランド出身。ニュージーランド人の父、日本人の母との間に生まれ、幼少期は多くのスポーツに没頭。センスの良さは地域ではズバ抜けていたという。07年、セレッソ大阪でプロデビュー。その後、インド・オーストラリア・日本・タイ・マレーシアを渡り歩き、今季はMOFカスタムズ・ユナイテッド(タイ2部)でプレーする点取り屋。サッカーを離れれば、優しい笑顔がトレードマークな1男1女のパパでもある。

取材・文:佐々木裕介
【関連記事】
元日本代表DF、名良橋晃氏がハマったフットサルの魅力 「どえらい衝撃を食らった」と絶賛する高校生チームとは?
タイ2部へ渡った元日本代表DF。J1からのオファーを断って選んだ36歳の海外挑戦
「日本は引退しに来るところではない」「大変な要求をされる」イニエスタが海外メディアにJリーグを語る!
【セルジオ越後】スリル満点のルヴァン杯決勝戦。2得点の小林やMVP新井よりも称えたいのは…
「本当に感動しました」「サッカーも頼む」本田圭佑がラグビー日本代表に贈ったメッセージにファン反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ