【J1採点&寸評】清水3-2名古屋|白熱の一戦はホームの清水に軍配‼”名古屋キラー”が大仕事を果たす

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年09月14日

名古屋――被カウンター時の対応は課題か…

【警告】清水=なし 名古屋=なし
【退場】清水=なし 名古屋=なし
【MAN OF THE MATCH】西澤健太(清水)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
名古屋 5
ボールを持った時のリスクマネージメントに課題を残し、試合を通して河井のマークに苦戦したか。4試合勝利なしでJ1参入プレーオフ圏内の16位とは勝点4差に迫る。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5
どれも難しいシュートで、責めるには酷なゲームに。とはいえ、最近は失点がかさむ状況で、コーチングも含めてなにか改善したいところだ。
 
DF
6 宮原和也 5.5
右SBながら相手のゴール前まで入り込んで、相手のミスを見逃さずヘディングで先制弾。ただ、1失点目のシーンでは対峙した西澤への間合いが遠すぎたか。
 
17 丸山祐市 5.5
ディフェンスリーダーとして統率できず。個の出来は空中戦を含め悪くなかっただけに……。チームとして守備を機能させたい。
 
20 中谷進之介 5.5
ドウグラスと何度も肉弾戦を繰り広げ、一歩も引きを取らなかった。ただCBとして3失点は悔しい出来なはず、
 
23 吉田 豊 5 (61分OUT
ジョーへ合わせる惜しいクロスがあったが、パスが足に付かないシーンも。さらにはエウシーニョにスペースを使われ、古巣対決はやや精彩を欠いた印象。
 
MF
8 ジョアン・シミッチ 5.5
組み立てでは大きく貢献し、ジョーへのくさびも効果的だった。ただ、中盤の守備ではやや後手を踏んだか。河井を捕まえることもできなかった。
 
10 ガブリエル・シャビエル 5.5
テクニックの高さを随所に見せ、チャンスは作った。それでもアシストやゴールなどはなく、シュートは1本で、やや消化不良か。
 
21 エドゥアルド・ネット 5 (60分OUT
ディフェンスラインに落ちて組み立てに参加し、機を見た持ち上がりで変化を加えた。しかし、J・シミッチに比べ、パスやコントロールでのミスが目立った。
 
29 和泉竜司 5
常に高い位置取りでエウシーニョの裏を狙い続けたが、効果的なプレーはできず。左サイドバックに移ってからも存在感は見せられなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ