【J1採点&寸評】磐田2-3湘南|アグレッシブに戦い切った湘南が3得点で勝利!磐田も内容は上向くも、決定機の差が明暗を分ける

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月12日

湘南ーー金子、杉岡ら五輪世代が攻守に貢献

【警告】磐田=なし 湘南=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】山崎凌吾(湘南)

画像を見る

[J1リーグ22節]磐田2-3湘南/8月11日(日)/ヤマハスタジアム

【チーム採点・寸評】
湘南 6

前半はロングボールを多用して裏を突きチャンスを作ったが、ゴールにならずセットプレーから失点。しかし後半開始早々に追いつくと、以降は互角の戦いの中で相手の隙を突き勝ち越し点を挙げ、セットプレーからダメ押しの3点目。最後まで走り切り、好機をモノにする『決定力』で上回り逆転勝利。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 秋元陽太 6

オウンゴールのような失点は致し方なし。相手に押される中、森谷の決定的なシュートを弾いた56分のセーブはビッグプレー。

DF
13 山根視来 5・5

ミドルシュートやドリブルで一気に前線まで上がるなど攻めでも見せ場あり。失点場面はCKを落とす今野を潰せなかった。

4 坂 圭祐5.5
1トップをケア。相手2列目からの飛び出しに苦労したが大きな破綻はなし。しかし、終盤は相手攻撃の圧にバタ突いた。

8 大野和成 5.5
前半はロングボールのミスが散見。守備は概ね安定していたが、終盤は相手FWのマークが甘く決定機を許す場面も。

MF
50 古林将太 5.5(73分OUT)

前半は正確なロングボールで攻撃を支え、ワンツーからの仕掛けなど前への推進力を発揮。後半は徐々にガス欠。

16 斎藤未月 6
バーを叩く惜しいシュートを放つ場面もあったが、攻め上がるよりも中盤の守備やバランサーの役割を重視。利いていた。

19 金子大殻 6
後半開始早々に山崎の同点弾をアシストした場面以外にも、前に出て攻撃によく絡み味方を下がらせなかった。

5 杉岡大暉 6
積極的な仕掛けなど攻撃姿勢を崩さず、反撃に貢献。自らのFKのこぼれを決めた決勝点はファインゴール。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ