【J1採点&寸評】仙台2-1磐田|開始わずか4分の先制弾!全得点に絡んだ関口をMOMに!移籍後初ゴールの今野の評価は…

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2019年08月04日

磐田――今野がデビュー戦で「セットプレーの強さ」を存分に発揮!

【警告】仙台=富田晋伍(85分) 磐田=高橋祥平(67分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】関口訓充(仙台)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
磐田 5
前半は相手のサイドハーフを捕まえられず、2失点したことが大きく響いた。その後セットプレーで追いつき、優勢に試合を運べたのは良かったが、守備を固める相手に対し、もうひと工夫が欲しかった。
 
【磐田|採点・寸評】 
GK
21 カミンスキー 5.5
前半の2失点のうち、1点は止めておきたかったところ。後半はファインセーブも多かっただけに、立ち上がりのプレーが悔やまれる。
 
DF
3 大井健太郎 5
1失点目は相手のクロスボールの落下地点で今野と被ってしまい、ヘディングのこぼれ球が関口に渡ってしまった。前半途中からプレーを修正したが、背後のスペースを取られた時の対応に課題が残った。
 
4 新里 亮 5.5
R・ロペスに対し、しっかり身体を寄せてヘディングで競り勝つなど、戦う姿勢は見せたが、特に前半は相手の攻撃陣を捕まえきれず、悪い流れを止められなかった。
 
29 秋山陽介 5(85分OUT
立ち上がりに背後のスペースを空けすぎて2失点。その後は攻撃面で技術の高さを何度か見せたが、後半は体力がもたず、途中交代となった。
 
41 高橋祥平 5.5
前半は中途半端な位置取りで失点を重ねてしまった。前半途中からは持ち前の球際の強さや競り合いの強さを見せ、安定感を取り戻した。
 
MF
2 今野泰幸 6.5
鈴木監督も期待していた「セットプレーの強さ」をいかんなく発揮して、チームの流れを引き寄せるヘディングシュートを決めた。守備でも奮闘を見せ、デビュー戦としてはまずまずの出来だった
 
14 松本昌也 6.5
前半は関口に何度も背後のスペースを突かれる悪い面が目立った。しかし後半は逆に、永戸の背後のスペースを狙って積極的なドリブルを仕掛けたり、スルーパスの配球、ミドルシュートなど、多彩な攻めで相手に脅威を与えていた。
 
19 山田大記 5.5
FWと言うよりは1.5列目のような形で自由に動き回り、決定機にも絡んでいた。ただ、もう少しゴールへ向かう姿勢を強く見せたかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ