【J1採点&寸評】仙台2-1磐田|開始わずか4分の先制弾!全得点に絡んだ関口をMOMに!移籍後初ゴールの今野の評価は…

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2019年08月04日

仙台――MOMは1ゴール・1アシストの関口

MAN OF THE MATCH
7 関口訓充 6.5(73分OUT
立ち上がり、絶妙な位置取りから冷静に先制ゴールを叩き込み、その直後には道渕のゴールをアシスト。その後も背後のスペースへのランニングは相手の脅威となった。
 
FW
11 石原直樹 5.5(64分OUT
やや厳しい判定ではあったが、ペナルティエリア近くでのファウルが失点につながった。攻守にハードワークはできていたが、シュート0本に終わり、もう少し決定機に絡みたかった。
 
9 ハモン・ロペス 6(88分OUT
ゴールこそ無かったが、前半には何度も磐田守備陣の背後を取って、決定機を作り出すことに成功。前線でのボールキープや、ファーストディフェンスでも奮闘した。
交代出場
FW
38 長沢 駿 6(64分IN
相手に押し込まれる苦しい時間帯での投入だったが、献身的な守備でチームを助け、攻撃面でもヘディングシュートであわやという場面を作り出し、存在感を見せた。
 
MF
10 梁 勇基 5.5(73分IN
対面で松本が攻撃の起点となっていたことから、守備面での働きを求められてのサイドハーフ起用。全てを止め切れたわけではなかったが、ある程度チームを落ち着かせることはできた。
 
DF
39 金 正也 ─(88分IN
終盤に試合をクローズさせるための投入。相手のロングボールを丁寧にはね返し、失点を許さず勝利に貢献できていた。
 
監督
渡邉 晋 6.5
磐田陣内でどのスペースが空くのか、選手たちに落とし込めていたからこそ前半カウンターで2得点できた。その後特に後半は劣勢の時間帯もあったが、適切にバランスを修正する選手交代ができ、勝点3をもぎ取った。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ