ロナウジーニョやバルデラマetc…コパ・アメリカで名を揚げたビッグスター「5選」

カテゴリ:国際大会

沢田啓明

2019年06月15日

ブラジルの“皇帝”は得点王とMVPをダブル受賞

コパ・アメリカでの活躍により、アドリアーノはインテルでも主力へと成長していった。(C)Getty Images

画像を見る

アドリアーノ(ブラジル代表/FW)

 強靭な体躯を持ち、左足から強烈なシュートを叩き込んで「インペラトーレ」(皇帝)と呼ばれた。

 2000年、18歳でブラジルの名門フラメンゴからデビュー。01年にインテルへ移籍したが、まだ敷居が高く、中堅クラブへ貸し出された。

 ブラジル代表には00年に初招集され、22歳で04年のコパ・アメリカに出場。コスタリカ戦でハットトリックを記録するなど絶好調で、アルゼンチンとの決勝戦に臨む。終了間際までリードを許していたが、93分、ゴール前でボールを左足で浮かしながら反転し、左足を一閃。セレソンは土壇場で追いつき、PK戦を制して雄叫びを上げる。

 若きストライカーは7得点をあげ、得点王とMVPをダブル受賞した。

 この大会後、インテルで攻撃の柱となり、代表でも06年からワールドカップに連続出場した。しかし、私生活の乱れから若くして引退。結果的に、04年のこの大会が「皇帝」がブレイクすると同時にキャリアで最も輝いた時となった。

文●沢田啓明
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ