ロナウジーニョやバルデラマetc…コパ・アメリカで名を揚げたビッグスター「5選」

カテゴリ:国際大会

沢田啓明

2019年06月15日

19歳で出場しスーパーサブとして活躍

(左から)フランチェスコリ、アドリアーノ、バルデラマ、ロナウジーニョ、バティストゥータ。いずれもコパ・アメリカを沸かした名プレーヤーだ。(C)Getty Images

画像を見る

 6月14日~7月7日に開催されるコパ・アメリカ。この南米王者を決める大会で評価を高め、飛躍のきっかけにした名手は少なくない。

 なかでも強烈な印象を残した5人のアタッカーを紹介する。

―――◆―――◆―――

ロナウジーニョ(ブラジル代表/MF)

 コパ・アメリカ史上、最も鮮烈な登場をした選手のひとりだろう。

 ブラジルの名門グレミオの下部組織で育ち、1998年に18歳でデビュー。99年6月に代表に初招集され、この年のコパ・アメリカに19歳で出場した。

 グループステージ最初のベネズエラ戦で後半途中からピッチに立つと、最初のプレーで観衆を驚愕させる。右サイドからの折り返しを受けると、ボールを相手選手の頭越しに浮かして抜き去り、さらに右足の外側でボール前へ運んでもうひとりをかわすと、右足でニアサイドに叩き込んだ。これが代表初ゴール。右の拳を高く突き上げ、幾度となく躍り上がって喜んだ。

 その後もほとんどの試合に後半途中から出場し、スーパーサブとして優勝に貢献。この大会におけるプレーで一躍有名になり、2年後にパリSGへ移籍するとスターダムを駆け上がっていった。
 
カルロス・バルデラマ(コロンビア代表/MF)

 中盤で厳しいチェックを受けても足の裏でボールを引くなどして飄々とかわし、スペースへ走り込む味方選手に右足のインサイドキックで正確無比のパスを送り届ける。トレードマークの金髪のアフロヘアーを揺らして走ることはほぼ皆無で、極端に少ない運動量ながらチームの攻撃を差配する「不動の司令塔」だった。

 キャリア前半は国内でプレーしたため、国際的には無名だった。しかし、1987年のこの大会に25歳で出場すると、この男の特異なプレースタイルに相手が対応できず、チームは快進撃をつづけた。

 準決勝で延長戦の末にチリに敗れたものの、3位決定戦で前年度のワールドカップを制した天才マラドーナ率いるアルゼンチンと対戦。「背番号10」対決で上回ってチームに勝利をもたらし、大会MVPに輝いて世界にその名を知らしめた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ