「重圧などどこ吹く風とばかりに…」海外名物記者がコパ・アメリカに臨む久保建英の“メンタル”を称賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月14日

33歳岡崎の経験は「若きサムライたちの拠り所」

エルサルバドル戦で鮮烈デビューを飾った久保。コパ・アメリカでもハイパフォーマンスを披露できるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ブラジルで開催されるコパ・アメリカ2019の開幕が目前だ。
 
 南米勢に招待国(日本とカタール)を加えた12か国で行なわれる、2年に一度のビッグトーナメント。森保ジャパンは東京五輪世代を中心に、中島翔哉や柴崎岳、岡崎慎司らA代表組をミックスした特別編成で大会に臨む。
 
 そんななか、世界的ネットワーク『Fox Sports』アジア版がゲストとして参戦する日本とカタールから、それぞれ注目のタレントを3名ずつピックアップした。人選にあたったのは同メディアで健筆を振るうアジア通の名物記者、ガブリエル・タン氏だ。
 
 タン記者がまず名を挙げたのは、ご贔屓のベテランFW岡崎である。
 
「日本サッカー歴代で見ても間違いなくトップストライカーであるオカザキは、今大会を絶好のアピールの場と捉えているだろう。レスター・シティを退団し、現在は新たな活躍の場を模索しているからだ。今回の日本代表メンバーで10キャップを超えているのはオカザキを含め、わずか3人しかいない。33歳の経験は若きサムライブルーにとって貴重な拠り所となるはずだ」

 
 続いては、先のエルサルバドル戦で鮮烈なA代表デビューを飾った久保建英。タン記者はその能力のみならず、そのメンタリティーにも驚かされたようだ。
 
「もし“日本のメッシ”というニックネームが付けられたなら、その重圧の大きさたるや想像に難くないだろう。ところがどうだ。このタケフサ・クボという若き天才は、そんな巨大な期待などどこ吹く風とばかりに悠々とプレーし、史上2番目の若さで代表デビューを飾ったゲームでも堂々と振る舞ったのだ。6月4日に18歳になったばかりながら、すでに今季のJ1リーグで4点を挙げており、かつての古巣バルセロナがふたたび獲得に乗り出すほどのポテンシャルを誇る。日本はクボのU-20ワールドカップへの派遣を見送った。なぜか。今回のコパ・アメリカを戦うA代表でより良い活躍ができると踏んだからだ」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ