【J1採点&寸評】清水0-4川崎|昨季王者の川崎が圧巻のゴールラッシュ。MOMはオーバーヘッドを突き刺したフィジカルモンスター!

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年05月12日

川崎――チーム力の高さが窺える快勝劇

【警告】清水=エウシーニョ(12分) 川崎=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レアンドロ・ダミアン(川崎)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
川崎 6.5

チョン・ソンリョンや谷口、大島などの主軸が安定していて、王者の貫禄を見せつける圧勝劇。特に、燻っていたL・ダミアンが好パフォーマンスを見せたことは今後に向けてプラスになるはず。
 
【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6.5

ピンチらしいピンチはほとんどなく、試合を通じてキックやセービングなど安定感は抜群。GKの存在感が薄かったのはチームとしてピンチが少なかったから。
 
DF
2 登里享平 6
攻撃に出ていく場面は限られたが、エウシーニョと金子に粘り強く対応。つなぎの部分でもミスはほとんどなく自分の仕事をまっとうした。
 
4 ジェジエウ 6.5
ドウグラスや北川らをダイナミックなディフェンスで零封。ボールタッチやヘディングの精度の部分は多少粗く、安定感は谷口に劣るが、インパクトは特大だ。
 
5 谷口彰悟 6.5
ジェジエウと共に強固な守備組織を構築。足もとの技術、ヘディングの精度、対人守備など高いディフェンス能力を見せつけた。
 
17 馬渡和彰 6
果敢にドリブルを仕掛けるも、なかなかチャンスにはつながらず。ただ良質なクロスをいくつか供給し、積極性は光った。
 
MF
6 守田英正 6

ボールを受けてからパスコースを探すシーンがしばしば。ただしスペースを埋める守備や安全第一のプレーでチームの勝利に少なからず貢献した。
 
10 大島僚太 6.5

ボールをトラップしてからパスを出すまで顔が下がらず美しい姿勢で、的確にパスを散らす。80分にはミドルシュートで今季初ゴール!
 
19 齋藤 学 6
ドリブル突破は元チームメイトのエウシーニョに防がれた。ただ自陣ペナルティエリアまで守備に戻るなど、登里と共に相手の右サイドに蓋をした。
 
28 脇坂泰斗 6.5
CKのキッカーとして得点シーンを演出し、45分にはヘディングシュートで嬉しいプロ初ゴール。身体を張った守備やテクニカルなトラップなど見せ場は多かった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ