【J1採点&寸評】磐田1-2大分|ふたりの点取り屋がアウェー連勝に導く! 後半シュート0の磐田は、一発退場が響く結果に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月10日

大分――失点シーン以外は狙い通りの展開でアウェー連勝!

【警告】磐田=ムサエフ(90+5分) 大分=鈴木(62分)
【退場】磐田=大南(30分)
【MAN OF THE MATCH】後藤優介(大分)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
大分 6.5
90分間、今季の大分のサッカーをやり抜いた。立ち上がりの磐田の攻めを凌ぎ、サイドからの速攻で先制。さらにカウンターで相手DFを退場に追い込んだ。その後も守備のバランスを崩さず、攻め気を切らさず。前半のうちに追いつかれたが、後半も狙い通りにサイドで数的有利を作り、左クロスから決勝点。後半は相手シュートを0に抑えてアウェーで連勝。
 
GK
1 高木 駿 6
ペナルティエリアを出てDFとのパス交換に参加。守備でも前に出てDFのカバーやFKをパンチングするなど、攻守で前への積極性と安定感を見せた。
DF
5 鈴木義宣 6.5
集中高くラインを統率。競り負けることがほとんどなかった。相手FWをボランチやDFとしっかり挟み込み、チャンスを潰しつつ鋭い縦パスを狙った。
 
6 福森直也 6.5
相手FWの位置取りをケアし沈黙させる守備も際立ったが、中盤、前線へのスピーディなパス配球、攻め上がりフリーになるうまさが光った。後藤の決勝点をアシストしたアーリークロスは見事。
 
29 岩田智輝  5.5
失点場面はアダイウトンを離してしまった。スペースを消しつつアダイウトンに肉弾戦を挑み続けたファイトは評価できる。
 
MF
7 松本 怜  6
味方と連動してサイドで数的有利を作り、相手攻撃を沈黙させるだけでなく、裏のスペースを効率的に突く。
 
23 高山 薫 6(58分OUT)
裏へ抜け出すタイミング、パスを引き出す動き出しが的確で、フリーで好クロスを何本も上げチャンスメイク。相手右SBの攻撃力を半減させた。
 
32 前田凌佑 6
運動量豊富に動き回りプレスをかけ続け相手の攻撃の芽を摘みとりつつ、球離れ良くパスワークのリズムを生む。先制点、決勝点の起点に。
 
44 ティティパン 6(73分OUT)
前田とともにピッチのバランスをとりながら攻守に貢献。素早いカバー、敵陣のスペースへの攻め上がりで攻勢を保った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ