【現役の眼】元日本代表、橋本英郎が教えてくれる「Jクラブ・キャンプの意義とツボ」

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2018年02月13日

1年を通してぐんぐん成長していった安西&安在のような選手が…

プロ21年目のシーズンがスタートした。サッカーの酸いも甘いも嚙み分ける橋本の存在は、今季のヴェルディにとっても大きな下支えとなる。(C)TOKYO VERDY

画像を見る

 合宿で化ける可能性を見いだし、そのパワーがシーズン中にチームに好影響を与えることは間違いありません。去年のヴェルディはまさにその典型だったと思います。
 
 安西幸輝(現・鹿島アントラーズ)、安在和樹(現・サガン鳥栖)と1年を通したなかでぐんぐん成長していき、ふたりともシーズン終了後にJ1の舞台へステップアップしていきました。チームも彼らの成長の勢いに釣られて、初めてのプレーオフ進出を果たしました。今年もそのような選手が出てくることで、昇格の可能性が高まるはずです。
 
 以上、5つの項目に分けて書いてみました。今後少し違う視点でニュースをチェックしてもらえたら嬉しいですね。
 
<了>
 
橋本英郎

───◆───◆───
 
PROFILE
はしもと・ひでお/19795月21日生まれ、大阪府大阪市出身。ガンバ大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格。練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨し、J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の黄金期を支えた。府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、卒業した秀才。G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、長野パルセイロでプレーし、今季から東京ヴェルディに籍を置く。日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場した。現在はJリーガーとして奮闘する傍ら、サッカースクールの主宰やヨガチャリティー開催など幅広く活動中。Jリーグ通算/434試合・21得点(うちJ1は339試合・19得点/2018年2月13日現在)。173センチ・68キロ。血液型O型。
公式ブログ=http://pakila.jp/hashimoto/
ベンヌ=http://bennu.co.jp/

ガンバや代表で苦楽を共にした面々との記念カット(左から今野泰幸、山口智、遠藤保仁、橋本、藤本淳吾)。こうした光景が見られるのもキャンプならではだ(写真は本人のfacebookより)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ