【現役の眼】元日本代表、橋本英郎が教えてくれる「Jクラブ・キャンプの意義とツボ」

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2018年02月13日

肉体的にかなりきついのですが、同時に精神的にもハード

就任2年目で真価が問われるロティーナ政権。スペイン人指揮官の熱血指導は続く。(C)TOKYO VERDY

画像を見る

 3つ目は、「選手、監督、スタッフとの距離感、チーム意識の植え付け」です。これは小学生であっても、大人であっても同じなんですよね。共に生活をすることで、それまでとは違う距離感で選手同士、スタッフと接するようになります。そのため、合宿を消化することで個人個人の性格を互いが把握し、開幕に向けて、選手の組み合わせなども考慮されていくのだと思われます。
 
 4つ目は「怪我、メンタルのコンディション見極め」。合宿では基本的に、ハードなトレーニングや練習試合が連日組まれます。肉体的にかなりきついのですが、同時に精神的にもハードな部分があります。大人数の共同生活で新加入選手がいたり、新しい監督になっていたりと気を遣う部分もたくさん出てきます。
 
 苦しいコンディションの中でもしっかり練習に打ち込めているか、戦えるハートを持っているか、そして、そのような厳しい状況で怪我に対しての耐久性はどうかなどを見て、その環境からでも高いパフォーマンスを出していけるかどうかを見極めているはずです。
 
 最後の5つ目は「チーム内の注目選手」。去年までチャンスのなかった選手や、新加入選手、まだ荒削りだけど合宿を通して鍛えていけば、変化を感じられそうな選手。それぞれのチームのサポーターなら試合に出られない選手にもいい選手がいるのはよく知っていると思いますが、実際はなかなか使われない場合が多々あります。そのような選手はこのタイミングを利用すべきです。
 
 西野(朗)監督が初めてガンバ大阪に来られた年の合宿中、ある記者の方に語っていました。練習試合を多くこなすなかで、これまで試合に出てなかった選手にも使えるのがいると。その記者の方に教えてもらったのですが、名前が挙がっていたのが、僕と二川(孝広)だったようでした。つまりガンバの指揮を取るまで、僕たちは注目していた選手には入ってなかったということです。
 
 その頃、試合メンバーに入れるのは16人でしたし、僕はその枠に入られるかどうかをギリギリのところで争っていました。それがシーズン途中からスタメンで使ってもらったりとチャンスを与えていただいたのを覚えています。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ