【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が選出する「2017・J2ベストイレブン」

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2017年12月05日

システムは3-4-3。GKはクラブ史上初のJ1昇格を果たした…

DF&GK部門。左上から時計回りで冨安健洋(福岡)、近藤直也(千葉)、鈴木義宜(大分)、増田卓也(長崎)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 長かった2017年のJ2リーグが終わりました。名古屋グランパスがプレーオフを制してJ1に昇格しましたね。グランパスに関わる皆さま、本当におめでとうございます。
 
 僕たち東京ヴェルディは残念ながら、アビスパ福岡にプレーオフで敗れてしまいました。ヴェルディとしてはそれまでなかなかプレーオフまで行けなかったところで、ようやくその辺りまで来られたのだと、ポジティブに捉えてもいいのではないかと思います。来年、期待ですね。
 
 今回はサッカーダイジェスト編集部からの依頼で、僕なりに「2017シーズン・J2ベストイレブン」を考えて、選出してみました。ヴェルディの選手とも少し対戦した時に感じた話などを聞きながら、絞り込みを進めて……。あくまでも感覚的な選び方なので、その点をご理解いただけると嬉しいです。
 
 布陣は3-4-3システムで、まずはゴールキーパーから。V・ファーレン長崎の増田卓也選手です。
 
 J1のサンフレッチェ広島から加入したこともあり、全体的な安定感、クリア(足下の技術)に加えて、効果的な飛び出しもあり、僕が観てきたなかで大きなミスは少なかったと思います。ヴェルディの柴崎貴広選手も好セーブを多く見せてくれました。35歳になっても素晴らしい成長を示しているので選びたかったのですが、やはりここは、クラブ史上初めてのJ1昇格を後方から支え続けた増田選手を選びました。
 
 DFは3枚です。
 
 1人目は、ジェフ千葉の近藤直也選手。シーズン前半戦における千葉のハイライン、ハイプレスの戦術は、センターバックにかかる負担が尋常ではなかったと思います。そんななか、最終的にバランスを整えていったのが彼で、守備面の整備に多大な貢献を果たしました。千葉の終盤戦はすごかったですね。連勝で猛烈な追い上げを見せました。失点数が大幅に改善されたことが、プレーオフ進出に繋がったのだと考えます。
 
 2人目は、福岡の冨安健洋選手です。シーズン中もプレーオフでの対戦でも、ヴェルディを完璧に抑え込み、また、ビルドアップでも他の選手との違いを見せつけていました。東京五輪世代とまだかなり若い選手(19歳)ですが、年間を通して活躍していましたし、ベストイレブン選出が妥当だろうと思います。
 
 もうひとりは、大分トリニータの鈴木義宜選手。大分はJ3からの昇格組でしたが、安定したチームパフォーマンスで着実に勝ち星を挙げ、プレーオフ進出目前にまで近づきました。そのなかで鈴木選手の後方からのチャレンジあるビルドアップは、ひとつの支えになっていたと思います。プレスのハマりを回避するプレーが上手く、ヴェルディの某選手からのオススメで選出しました。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ