【J1採点&寸評】FC東京1-4C大阪|圧巻2ゴールの代表FWがMOM!ブーイングのFC東京は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2017年09月09日

C大阪――際立った助っ人ボランチの存在感。

【警告】FC東京=小川(50分)、吉本(61分) C大阪=ソウザ(89分)
【退場】FC東京=なし C大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】杉本健勇(C大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
ポゼッションとカウンターを織り交ぜた多彩なサッカーができるのは大きな強みで、後半の速攻からの加点も思惑どおりだっただろう。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
集中を切らさずに、ハイボールに対して安定したキャッチングを見せた。ほとんど危険なシュートがなかっただけに、悔しさが残る1失点だった。
 
DF
2 松田 陸 6.5
11分、相手のミスとはいえ、果敢なプレッシングでゴールを奪った。早い時間帯での先制点はチームを楽にさせた。
 
22 M・ヨニッチ 6
失点シーンでは永井との競り合いでボールを奪い切れず。その後、カバーに入ったものの間に合わずにゴールを許した。
 
15 木本恭生 6
前半、永井にスピードでぶっちぎられたが、大きなピンチにはならずに済んだ。1失点したとはいえ、プレーは安定していた。
 
14 丸橋祐介 6
守備では自分のマークにしっかりと対応。目立ったプレーはないが、攻守で最低限のことはこなした。
 
MF
10 山口 蛍 6.5
黒子役に徹しながら、チャンスとなれば攻めあがる。ソウザと連係しながら、多くのボールに触り、攻撃にリズムを生んだ。
 
6 ソウザ 7(89分OUT)
安定したゲームメイクで攻撃の中心になり、テンポを変えるダイレクトのスルーパスでもチャンスを作って見せた。キッカーとしてセットプレーの精度も正確で、CKから杉本のゴールをアシスト。
 
16 水沼宏太 6.5(90分OUT)
動きを止めずに、シンプルなプレーでチームに貢献。さらに、正確なクロスから柿谷の得点もアシストし、結果も残した。
 
8 柿谷曜一朗 6.5(90+3分OUT)
中央寄りにポジションを取りながら、チャンスを窺う。44分には巧みな動き出しから、水沼のクロスに合わせ、貴重な追加点を奪った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ