日本代表、井手口陽介のルーツを辿る~その才能はいかにして磨かれたのか(前編)

カテゴリ:日本代表

高村美砂

2017年09月03日

母が提案した。「ガンバのセレクションを受けてみない?」

母の勧めで小4からチームに所属。中央FC時代(左)は、貪欲に得点を狙うバリバリのFWだった。写真提供:井手口亜紀子

画像を見る

「加入当初は少し照れ屋というか、あまり自分から話すこともせず、ただニコニコしているだけの子でしたが、いざプレーをさせると同学年の子とは圧倒的な差がありました。身体能力やスピードも群を抜いていましたが、なにより驚いたのは、その年にして『サッカーを知っている』ということ。常に冷静で、自分の感覚でボールを蹴っていました」

 そう話すのは、当時の油山カメリアーズ監督、加藤義裕だ。
 
 井手口が加入する前から、その才能は耳にしていたが、実際に目にした井手口は、ずいぶんとプレーが大人びていたと言う。ただ一方で、「足もとの技術はそこまで高くなかった」(加藤)。だからボールタッチの感覚を磨くため、チーム練習に取り入れていたフットサルをやらせようと、その必要性を説いたそうだが、本人は明らかに乗り気ではなかった。

「その理由を聞いたら、『以前のチームでもフットサルをしていたけど、全然面白くなかったから』と(笑)。でも、うちでやっていたのは、いわゆる型にはめないフットサルでしたからね。『いいから一度やってみろよ』と言ってプレーさせたら、すぐにその楽しさに気づいたんでしょう。ツボにはまったのか、終わる頃には『フットサルも超好きです』に変わっていました(笑)。普段の練習もそうですが、楽しいと思う気持ちと、元来の負けず嫌いな性格が合わさると最強でしたね」(加藤)

 そんな井手口の成長を見守りながら、母・亜紀子は彼が小学6年生の夏に、こんな提案を持ちかける。

「ガンバのセレクションを受けてみない?」

 きっかけは、5歳上の次兄・稔が小学6年生の時に、アビスパ福岡ジュニアの一員として出場した全国大会だった。ここで原口元気(現ヘルタ・ベルリン)が所属する埼玉県の江南南サッカー少年団と対戦し、母・亜紀子はこんな風に感じたという。

「素人目なので上手く説明できませんが、原口くんをはじめとする江南南の選手のプレーは、同い年とは思えないほど質が高くて、あらゆる面で明らかな差がありました。それを目の当たりにして、『陽介が中学生になるタイミングには福岡を出て、より高いレベルに挑戦させてみたい』と思ったんです。

 といっても、その時はまだ具体的な考えはありませんでした。ただ陽介が6年生になった時に、8歳上の長兄・正昭(現ホアンアイン・ザライFC=ベトナム)が阪南大に進学していて、大阪に住んでいたこともあって、ガンバのジュニアユースのセレクションを受けてみないかと本人に提案したら、あっさり『そうする』と。合格したら、私と陽介が大阪に引っ越して、長兄も呼び寄せて3人で暮らし、ダメだったらこれまでどおり福岡で頑張らせるつもりでした」

<後編に続く>

取材・文:高村美砂

【日本代表PHOTO】浅野、井手口のゴールでオーストラリア撃破、W杯出場決定!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ