【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月19日

GK曽ケ端の度重なるファインセーブがあったから、好勝負に持ち込めた。

今大会を通して曽ケ端のパフォーマンスは際立っていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 冷静に試合を振り返れば分かるけど、この試合で輝いていたのは柴崎だけじゃない。GK曽ケ端の度重なるファインセーブがあったから、好勝負に持ち込めたんだ。

 曽ケ端は準決勝のアトレティコ・ナシオナル戦でも、準々決勝のマメロディ・サンダウンズ戦でも大活躍していた。あれくらいGKが目立ったから今大会で好成績を収められたことを忘れてはいけないよ。
 
 アントラーズは今大会で世界にアピールできたけど、宿題も与えられたよね。それは、クラブ・ワールドカップでの好成績がフロックでなかったと、来シーズンの成績で証明することだ。

 近年、Jクラブ勢はACLで結果を残せていない。ガンバが優勝した2008年大会を最後に決勝にすら進めない状態が続いているんだ。これは由々しき事態だよ。
 
 仮に来シーズンのACLでアントラーズがポロッと負けでもしたら、今回の準優勝がなんだということになってしまう。「一発勝負で運に恵まれた」と言われることになるんだ。それは、アントラーズにとっても不本意だろう。

 R・マドリーに善戦した事実を思い出で終わらせないためにも、来季のACLは好成績を残してほしい。目標は、もちろん優勝。アジア王者としてUAEで開催されるクラブ・ワールドカップに出場してほしいよね。
 
 幸いアントラーズは、来シーズンを見据えて積極的に補強に動いているようだ。すでに、アルビレックスのレオ・シルバ、ヴィッセルのペドロ・ジュニオールの加入が濃厚なようだし、他にも即戦力を獲得するという噂を聞いている。

 さらに、クラブ・ワールドカップで得た賞金を利用してビッグネームが獲れれば面白いね。ワールドクラスの選手を獲得している中国勢のような補強は難しいだろうけど、アッと驚くようなタレントの補強を期待しているよ。
【関連記事】
【クラブW杯決勝|採点&寸評】レアル・マドリー×鹿島|延長戦で違い見せつけたC・ロナウド。2得点の柴崎もアイデア溢れるプレーぶり
【クラブW杯】MVPは主審!? 金崎倒したS・ラモスに対しイエローカードに手を掛けるも…
柴崎の移籍報道が欧州発信で過熱!? スペイン有力紙も「あと13日間でフリーに」と動向を報じる
ハットトリック達成のC・ロナウド。「喜びにあふれた1週間」と締めくくる
【クラブW杯】石井監督が、あの判定に苦言。「レフェリーが勇気を持てなかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ