【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月19日

R・マドリーという強豪が相手だったから、いつも以上の力が出た。

クラブ・ワールドカップの決勝は4-2。鹿島は善戦したが、延長戦で力尽きた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[クラブW杯決勝]レアル・マドリー4-2鹿島アントラーズ/2016年12月18日/横浜国際総合競技場

 クラブ・ワールドカップの決勝で、アントラーズはレアル・マドリーを相手によく戦ったね。結果的に2-4と延長戦で力尽きた感じはあったけど、90分間では2-2のドロー。先制されながらも前半終了間際に1点を返し、後半の序盤には2-1でリードする時間帯もあった。勝つ可能性もあった試合だったという点で評価できるよ。
 
 もちろん、アントラーズが好勝負を演じられたのは、R・マドリーのコンディションに問題があったからという面はある。クリスチアーノ・ロナウドの動きは明らかに重かったし、他の選手にもキレがなかった。ヨーロッパからの長距離移動や連戦の疲労が響いたのだろう。欧州王者の迫力は、まるで感じなかったよ。
 
 そんなR・マドリーに対して、アントラーズは自分たちがやるべきことをやっていた。手堅い守りから少ないチャンスをものにしていく戦い方だ。しかも、強豪を相手にしてアドレナリンが出ていたから、いつも以上のパフォーマンスを見せていた、柴崎の2ゴールなんて、その典型だよね。
 
 土居のクロスをトラップしてボレーで突き刺した1点目も、ドリブルで相手をかわしてから放った2点目のミドルも、なかなかJリーグではお目にかかれないプレーだった。相手がR・マドリーという強豪だったから、いつも以上の力が出たんだ。
 
 ヨーロッパ移籍を狙っている柴崎としては、良いアピールになったよ。ただ一方で、この試合で見せたようなプレーを、コンスタントに披露できていないのが彼の課題だろうね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ