【クラブW杯】石井監督が、あの判定に苦言。「レフェリーが勇気を持てなかった」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月19日

「選手たちは冷静に最後まで戦ってくれたと思います」

山本には躊躇なくイエローを提示し、PKを与えたが……。S・ラモスのファウルには反応するも沈黙を通した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[クラブW杯決勝]レアル・マドリー4-2鹿島アントラーズ/2016年12月18日/横浜国際総合競技場
 
「選手は立ち上がりから勇気を持って戦ってくれた」
 
 石井正忠監督はそう話した後で、あるシーンについてひと言付け加えた。
 
「レフェリーが勇気をもてなかった部分があった。そこは残念だった」
 
 2-2で迎えた89分だった。植田が敵のFKをクリアすると、金崎がこれに反応。ボールを受けて、そのまま縦に抜け出ようとした。次の瞬間、R・マドリーのセルヒオ・ラモスがファウルで金崎を止めた。
 
 主審が即座にポイントに駆け寄ると、手を胸ポケットへ。ファウルをした選手にイエローカードを出すような仕草を見せた。S・ラモスのチャージはアフター気味で危険なプレーだっただけに、そのまま警告の累積で退場かと思われたが……。
 
 結局、主審はカードを出さず、口頭での注意だけに。S・ラモスに2枚目のイエローカードは提示されなかった。これには鹿島の多くの選手が主審に抗議するも、判定は覆らず。さらに今大会から採用されているVARs(ビデオ判定)も使用されなかった。
 
 もし、ここでR・マドリーに退場者が出ていれば、とも考えられる試合展開だった。それだけに、レフェリーの判定について再び質問が飛ぶと、指揮官は言葉を繰り返した。
 
「さっきも言った通り、レフェリーの方が勇気を持てなかった」
 
 ただ、苦言を呈すだけでは終わらない。同時に、チームや日本サッカーのさらなるレベルアップを見据えて、次のように語った。

「こういうテンションの試合を続けなくてはいけない。他の国々とも戦ってアジアのレベルを上げて、強豪国と戦っていきたい」

【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥

【PHOTO・CWC決勝】鹿島が大健闘!延長戦をマドリーが制し世界一に

12月8日発売号の特集は「2016年シーズンJリーグのBEST PLAYER&J1&J2全1238選手の通信簿」。

画像を見る

メモリアルフォトグラフ、金崎のMVP戦記、小笠原の主将戦記、柴崎の10番戦記などボリューム満点な内容。完全保存版の一冊です。

画像を見る

【関連記事】
【クラブW杯】闘魂DF昌子、疑惑の判定に文句なし。むしろ「審判の質は高かった」
【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ
英タブロイド紙が、柴崎の移籍先に推奨したプレミア・クラブとは?
【クラブW杯決勝|採点&寸評】レアル・マドリー×鹿島|延長戦で違い見せつけたC・ロナウド。2得点の柴崎もアイデア溢れるプレーぶり
スペインの地元紙「柴崎の2ゴールはマドリーを震え上がらせた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ