大久保も感謝する風間八宏の教え。プロ選手にも目から鱗だった「フリーの定義」とは?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2016年10月26日

「『DFがおっても出せよ!』とずっと思っていた」(大久保嘉人)

13年に川崎に加入以来、大久保は3年連続で得点王を獲得してきた。風間監督には「みんな以上に感謝している」。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 そして、風間監督がこの考えを持ち込んだことに強く感謝している選手がいる。2013年に川崎に加入した大久保嘉人だ。
「俺はずっとそれを思っていた。『DFがおっても出せよ!』というのは神戸の時から言っていた。でもその感覚は人それぞれ違っているものだし、自分が求める状態をフリーという監督もいなかった。(風間監督が)それを言ってくれたことが変わった要因なのかなと」
 
 実際にこのチームに在籍して以来、3年連続で得点王とベストイレブンという個人タイトルを手にし続けている大久保は、「みんな以上に俺は感謝している」と語る。彼のポテンシャルを引き出したこともそうだし、ひたすらプレーの質にこだわり続けて邁進してきた大島僚太や小林悠がA代表に選出されるまでに成長したことも、特筆すべき風間監督の功績のひとつだ。
 
「クラブ創設から言っているなか、“何が攻撃的なサッカーなのか”というのはよく見えない部分もあって。風間監督が来て『これだ!』ということで、アカデミーを含めてボールをつないで崩すというスタイルに取り組んでいる。これは、監督が残してくれた大きな財産」
 
 庄子春男強化部長もこう感謝の意を述べている。ただ、スタイルを確立したなかで、やはりタイトルだけが足りていない。記憶に残るチーム作りはできた以上、求められるのは“記録”だ。
 
 初戴冠を成し得てはじめて、本当の意味で風間八宏が川崎フロンターレ最大の功労者となるし、そうなる瞬間を、サポーターを含めクラブに関わる誰もが強く待ち望んでいる。
 
取材・文:竹中玲央奈(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ