5連敗で忍び寄るJ2降格の危機。それでも湘南が浦和戦で確かに掴んだ3つのポジティブ要素とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年08月08日

【収穫その三】試合前日に登録、即デビュー。前鹿島のFWジネイが最前線で見せた可能性。

セールスポイントの高さと強さに加え、“巧さ”でもアクセントを与えたジネイ(中央)。今後も続く強豪との連戦で、初ゴールが生まれるか? 写真:田中研治

画像を見る

 
 そして3つ目が、試合前日に選手登録されたばかりのFWジネイが、十分な可能性を示したことだ。
 
 68分から大槻と交代し、CFのポジションに入る。第1ステージまで鹿島に在籍したブラジル人ストライカーは、高さと強い身体能力を生かしてペナルティエリア内でボールを収め、さらにテクニカルな細かなタッチからDF陣を揺さぶり浦和ゴールに迫った。

 ジネイは試合後、次のように収穫と課題を挙げた。
 
「湘南では1、2週間ほどしか練習できていないので、これからもっと周囲との連係は高まっていく。まだ試合勘が取り戻せていない点だけが課題。そこさえ補えれば問題ない。残り10試合、一戦一戦を決勝戦のような気持ちで臨みたい」
 
 また膝の怪我については、「膝は鹿島にいる段階で100パーセント完治している。だから、あとはゲームの感覚を取り戻すだけなんだ」と強調していた。
 
 優しい微笑みが印象的な、186センチの長身FWは、湘南の救世主になり得る――。そんな楽しみな可能性を感じさせてくれた。
 
 今季の湘南の課題のひとつとして、CFが思うように攻撃面で機能せずにいた点が挙げられる。これからも広島、鹿島、G大阪という強豪との連戦が続くが、ひとつのキッカケにより、そして1勝をもぎ取れれば、たちまち状況は好転するに違いない。

 ジネイが前線にハマり、早い段階でファーストゴールが生まれれば――その一撃が湘南の反撃への狼煙(のろし)になるはずだ。
 
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ