【ドイツ 2-0 ウクライナ|採点&寸評】課題は残すも相手を大きく上回ったドイツ! 殊勲者はビッグクリアのボアテング

カテゴリ:国際大会

中野吉之伴・遠藤孝輔

2016年06月13日

守備に奔走せざるを得ず、スコア以上の差を感じさせる完敗…。

ノイアーに負けじとばかりに、ピアトフもスーパーセーブを連発した。 (C) Getty Images

画像を見る

【ウクライナ|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5
攻勢に出たのは前半のラスト10分だけで、ほとんどの時間帯を自陣で過ごした。コノプリャンカとヤルモレンコの両ウイングも守備に奔走せざるを得ない状況が長く続き、自慢のカウンターは不発に。終盤まで1点のビハインドを保つも、スコア以上の差を感じさせる完敗だった。
 
監督 ミハイロ・フォメンコ 5
攻撃時は4-3-3、守備時は4-4-2になる可動式システムを採用。劣勢を打破する采配は見られなかった。
 
【ウクライナ|選手採点&寸評】
GK
12 アンドリー・ピアトフ 6.5
2失点はノーチャンス。1対1のピンチを防いだ29分の好守を筆頭に、安定したセービングを何度となく見せた。
 
DF
エフゲン・ハチェリディ 5.5
繋ぎのミスが散見されたものの、本分の守備はまずまず。ブロックできない場合は最低でもコースを限定するという、シュートへの対応が冴えた。
 
13 ヴャチェスラフ・シェフチュク 6
37歳の老体に鞭を打ち、左サイドで精力的に上下動を繰り返した。質より量の貢献が光り、ミュラーに大仕事をさせず。
 
17 アルテム・フェデツキ 6
攻撃時の存在感は希薄だったものの、ドラクスラーを抑え込んだ守りは特筆に値した。逆サイドからのクロスの対応も無難だった。
 
20 ヤロスラフ・ラキツキ 5
守備もフィードもまずまず安定していたが、試合終了間際に痛恨のパスミス。2失点目に繋がる相手のカウンターを招いた。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ