レバンドフスキは不発も、俊英ミリクの一撃でポーランドが悲願のEURO初勝利!

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年06月13日

22歳の俊英ミリクが値千金の決勝弾!

押し込みながらもゴールを奪えなかったポーランドだが、51分、ミリクが左足を振り抜き、ついに均衡を破る。 (C)Getty Images

画像を見る

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 6月12日、EURO2016グループCの第1節、ポーランド対北アイルランドの一戦がニースで行なわれ、ポーランドが1-0で勝利を収めた。
 
 キックオフ直後から圧倒的にゲームを支配したのは、3度目のEUROで悲願の初勝利を目指すポーランドだった。司令塔のクリホビアク、トップ下のミリクを中心にボールを回し、両サイドを上手く活かしながら北アイルランドを押し込んでいく。
 
 最初の決定機は31分。右サイドをブワシュチコフスキとピシュチェクのコンビで切り崩すと、ピシュチェクのマイナスのクロスを受けたミリクが、エリア内で左に流れながらシュート。さらに39分にはCKの流れからカプストカが左足を振り抜く。しかし、北アイルランドGKマッガバンの好セーブもあり、いずれもゴールには至らない。
 
 前半のシュート数は10対0、CKは7対0――。ポーランドの猛攻を、5バックで守備を固めた北アイルランドが身体を張って凌ぐという展開が続いた。
 
 均衡が破れたのは、後半の立ち上がりの51分だった。
 
 ブワシュチコフスキの右サイドからのクロスを、エリア内に入り込んだ22歳の俊英ミリクが左足で流し込んだのだ。前半は押されっぱなしだった北アイルランドが、やや前傾姿勢を強めた間隙を突き、ポーランドがついにゴールをこじ開けることに成功した。
 
 反撃に出たい北アイルランドだったが、長身FWラファティーは起点になれず、これといったチャンスを作れない。66分にはワシントンを送り込むなど前線の枚数を増やしたものの、ポーランドの組織立ったディフェンスの前に、シュートさえ打てない状態が最後まで続いた。
 
 結局、試合はこのまま1-0でタイムアップの笛を聞く。
 
 ポストワークとスペースを生み出す動きは流石だったとはいえ、予選で13ゴールを挙げた主砲レバンドフスキはこの日、不発に終わった。予想以上に歯ごたえがなかった北アイルランドを相手に、後半もいくつかチャンスがありながらトドメを刺せなかったことも反省材料だろう。
 
 それでも、プレッシャーの大きな初戦で確実に勝点3を奪った点は評価していいはずだ。3度目のEUROで悲願の初勝利。自国開催(ウクライナとの共同開催)でグループステージ敗退に終わった前回大会の悔しさを晴らしたポーランドの真価は、次戦の強敵ドイツとの戦いで問われるはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ