• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】日本代表は“意図的に”戦えていたのか。ボールは握れても、効果的なプレーは見られなかった

【藤田俊哉の目】日本代表は“意図的に”戦えていたのか。ボールは握れても、効果的なプレーは見られなかった

カテゴリ:連載・コラム

藤田俊哉

2023年04月01日

ピッチ内の状況判断で“意図的”を作り出せるか

“第二章”をスタートさせた森保監督。今後のチーム作りに期待したい。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

 ボールを奪い、速攻を仕掛けて戦う日本は強い。相手にスペースが生まれたら、三笘や伊東が攻めていくという形はできているからだ。しかし、守ってくる相手に対して攻めの形が作れなければ、次のフェーズに辿り着くことはできない。

 三笘(もしくは伊東)プラスもう一人で“意図的に”崩すという形や、サイドバックが中盤の組み立てに参加した時の第三、第四の動きを“意図的に”作り出すコンビネーション。

 コロンビア戦では途中から左の三笘、右の伊東がタッチライン際まで開くことで効果的なサイド攻撃ができるようになっていたが、このような変化をピッチ内の選手の状況判断によって“意図的に”作り出されるようになったら、もっと日本サッカーはさらに進化するはずだ。
 
【著者プロフィール】
藤田俊哉(ふじた・としや)/1971年10月4日生まれ、静岡県出身。清水商高―筑波大―磐田―ユトレヒト(オランダ)―磐田―名古屋―熊本―千葉。日本代表24試合・3得点。J1通算419試合・100得点。J2通算79試合・6得点。J1では、ミッドフィルダーとして初めて通算100ゴールを叩き出した名アタッカー。2014年からオランダ2部VVVフェンロのコーチとして指導にあたり、2016-17シーズンのリーグ優勝と1部復帰に導いた。以後、イングランドのリーズ・ユナイテッドや日本サッカー協会のスタッフなどを歴任。今年9月に古巣・磐田のスポーツダイレクターに就任した。

【PHOTO】ヨドコウ桜スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!

【PHOTO】国立競技場に集結した日本代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
【森保ジャパン26選手の通信簿】「A」評価は4人。最も「S」に近かったのは三笘薫ではなく…
「前日に電話で…」酒井宏樹、森保監督から告げられた代表招集外の理由を明かす!その“返答”に内田篤人は「偉っ。素晴らしい」
「誰かがアクションを起こさないと」内田篤人が森保ジャパンの“新戦術”に物申す!「解決策が分かっていればいいけど…」
「あいつ、すげぇ能力あるな」内田篤人が技術の高さを認めた日本人SBは?「本当に上手い」
「化け物でした」酒井宏樹が対戦して驚いた世界的SBは?「セカンドボールを全部取れるんですよ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ