• トップ
  • ニュース一覧
  • 8チームが巻き込まれたJ1残留争い。札幌と神戸は“安心”か? 注目の福岡とG大阪の16位争いは、残り3戦のカードを見る限り…

8チームが巻き込まれたJ1残留争い。札幌と神戸は“安心”か? 注目の福岡とG大阪の16位争いは、残り3戦のカードを見る限り…

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2022年10月03日

磐田は希望の灯は消えていないが、机上の論理だ

磐田は挑戦者としてのチーム作りへの危機感に疑問符が残る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 さらにかつての「暴れん坊」の残り香が漂う湘南は、開幕から13戦で1勝しか出来なかったのに、突然神戸、川崎に連勝して開眼した。特に川崎キラーぶりは優勝戦線に大きな影響を与え、好不調の波は荒くても残り4試合の半分でも「強い日」が当たれば来年もJ1で戦えるはずだ。

 最後に現在最下位の磐田にも希望の灯が完全に消えたわけではない。例えば唯一29試合しか消化していないので、17位のG大阪との6ポイント差は不足分の試合を連勝すれば埋まる。

 しかしそれはあくまで机上の論理だ。昨年J1は20チーム(通常は18チーム)で戦ったので、その分J2との落差は例年以だった。こうした背景を踏まえた上で、挑戦者としてのチーム作りへの危機感が十全だったかと言えば疑問符が残る。
 
 42歳の遠藤保仁は徐々にプレー時間を減らし、得点源として見込んだ杉本健勇はここまでノーゴール。コアメンバーに若手が見当たらず、長いシーズンでチームに弾みをつける起爆剤に欠けた。

 もっとも逆にカテゴリー間の落差を考えれば、J1の16位がJ2で3番目のチームに敗れるとは考え難い。それだけに本当に熾烈を極めるのは16位の座を賭けた福岡とG大阪の争いになる。そして残り3戦のカードを見る限りでは、ほんの少しだけ女神は福岡の方に微笑んでいるように見える。

文●加部究(スポーツライター)

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「まじかよ!」「同じ人間か…」元なでしこ永里優希が披露した“上半身裸の肉体美”にファン感嘆!
「初めて一緒にやった時に、うめぇと思った」内田篤人が日本代表で“上手い”と感じた選手は? かつて苦言を呈していた…
「日本人が凄まじいパフォーマンス」1G1Aの久保建英を地元紙が“8点評価”で激賞!「常に危険な存在だ」
旗手怜央、退場招いて謝罪も同僚は擁護!「謝る必要はない。彼のおかげで勝った」「本当のトップ選手への進化を続けるはず」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ