• トップ
  • ニュース一覧
  • 旗手怜央、退場招いて謝罪も同僚は擁護!「謝る必要はない。彼のおかげで勝った」「本当のトップ選手への進化を続けるはず」

旗手怜央、退場招いて謝罪も同僚は擁護!「謝る必要はない。彼のおかげで勝った」「本当のトップ選手への進化を続けるはず」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年10月03日

「謝罪は誰も予想していなかった」

強烈なミドルシュートで決勝点を奪った旗手だが、痛恨のパスミスも犯した。(C)Getty Images

画像を見る

 チームを勝利に導くゴールを決めた一方で、味方を退場に追いやったパスミスも犯した。セルティックの旗手怜央は、後者を教訓にしたいと話している。

 10月1日のスコティッシュ・プレミアシップ第9節で、セルティックはマザーウェルにホームで2―1と勝利した。古橋亨梧の先制点後に追いつかれた王者に3ポイントをもたらしたのは、後半の旗手の強烈なミドルシュートだった。

 だが、日本代表MFは終了間際の89分、自陣でのバックパスからピンチを招いた。精度を欠いたパスでボールを奪われ、決定機になるのを阻止しようとファウルで止めたカラム・マグレガーが退場する事態を作ってしまったのだ。

『THE SCOTTISH Sun』によると、旗手は「試合後にカラム(マグレガー)に謝った」と反省している。

「得点できたのは良かったけど、ミスをしたのは良くなかった。ミスから学ばなければいけない。僕たちは各試合に集中し、自分たちの役割を果たさなければいけない」

 ただ、旗手のゴールでチームが勝利した事実も変わらない。『footballscotland』によれば、セルティックのグレッグ・テイラーは「レオはとても謝っていた。その必要はないんだけどね。彼のおかげで僕らは勝ったんだから。謝罪は誰も予想していなかった」と話している。
【動画】キャノン砲炸裂!旗手の鮮烈ゴラッソ&結果的にキャプテンが退場となった痛恨ミス
「これまでの彼は見事だった。トッププレーヤーであり、試合がどうなるか分からないときに決勝点を挙げてくれた。彼が本当のトッププレーヤーへの進化を続けるはずだと確信している」

 さらなる進化を遂げるための舞台としてうってつけなのが、チャンピオンズリーグだ。シャフタール・ドネツクとの前節では、記録こそオウンゴールとなったが、旗手はネットを揺らしている。

 RBライプツィヒとの連戦に向け、旗手は「(今後は)どれも厳しい試合になる」と意気込んだ。

「本当にチャンピオンズリーグを楽しんでいる。準備の仕方を学んでいるところだ。たくさんのことを学ぶだろう。その経験を楽しんでいる。各大会が重要で、成長させてくれる。ただ、チャンピオンズリーグに出ることで多くを学べるのは確かだ」

 先月のキリンチャレンジカップ2022では、日本代表に招集されながらも出場機会がなく、悔しい思いを抱えてクラブに戻ることとなった。セルティックでのさらなる飛躍を願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「とんでもない可能性を秘めている」ポステコグルー監督がプロ1年目から知る旗手怜央を絶賛!退場を招いた痛恨ミスには…
「完璧すぎてやべえ」「絶妙で美しい!」1G1Aの久保建英、圧巻の3試合連続アシストが反響!
「日本人が凄まじいパフォーマンス」1G1Aの久保建英を地元紙が“8点評価”で激賞!「常に危険な存在だ」
1G1A&一発退場の伊東純也、それでも現地メディアはMOMに選出!「経営陣が多額の投資をした理由が分かる」
「アンチェロッティはナカイを選んだ」マドリー中井卓大、トップ練習に“残留”で現地メディア見解!「遠くない将来に追加される可能性がある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ