半マンツーマン半ゾーンの“ぼかした”対応の効果と修正力。そして終盤に表われた日本と豪州の意識の差

カテゴリ:連載・コラム

河治良幸

2021年10月13日

左SBの長友が飛び出していったが…

守備面の不具合を後半は修正できたが、相手の選手交代を機に、失点を喫した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ただ、日本が勢いを持ってオーストラリアを封じ込めるような形を取れていた時間帯は良かったが、前半の終わりに向かって徐々にオーストラリアがムーイとトム・ロギッチのところで起点ができるようになる。日本は自陣で構えた守備の中で、相手のボールホルダーをフリーにしてしまうシーンが目立つようになった。

 その現象について中盤の一角を担った守田は「前半は体力があったなかで、けっこう圧をかけて相手が嫌がっていたのは分かりました。ただ、うまくぼかしながら守備をしてたんですけど、それでもかい潜られたりとか、1回危ないシュートを打たれるシーンがあって、完璧では正直なかった」と振り返る。

 オーストラリアの4-2-3-1を想定して、中盤を3人でカバーするイメージをしていたのは分かるが、それを見越したようにオーストラリアはムーイが中に流れてロギッチ、アーバインら4人で回してくるので、必ず誰かが空いてくる。基本は中央の遠藤がロギッチとムーイを同時に見ながら、守田と田中が相手のボランチ、下がったら大迫が受け渡しで見る形を取っていたが、どうしてもフリーで前を向かれるシーンが出てくる。

 最も危険だった42分のアダム・タガートのシュートがポストを直撃したシーンは、相手のクリアボールから速攻を受けた形で、センターバックの冨安健洋が前に出た背後で吉田麻也が数的不利になった格好だったが、最後は飛び込んでセカンドボールに合わせたムーイに対して遠藤が間一髪ブロックできていなかったら、前半のうちに同点になっていた。

「前半が終わって体力の消耗が大きいなと思いましたし、あとは23番(ロギッチ)と13番(ムーイ)のところでうまく嫌な配置を取られて、マンツーではめ込むのが出来なかったことがあったので、それを自分と航くん(遠藤)とアオ(田中)とサコくん(大迫)の4枚で、相手の4枚をうまく見るような形をとって、ウイングを前に押し出して、ウイングが1番目にプレッシャーをかけるみたいなことを後半は意識してやりました」
 
 そう守田が振り返るように、後半は守備をうまくはめて落ち着いた対応ができるようになったところで、アーノルド監督はメイビルとジョーカーのミッチェル・デュークを同時投入し、前半より縦のスピードを意識した攻撃に切り替えた。

 時を同じくして、森保一監督も大迫に代えて、古橋をセンターフォワードとして投入したが、FWの“壁”のところで裏目に出てしまう。

 左の南野が中央にプレッシャーをかけに行くことで、空いたサイドのスペースでカラチッチにボールを持たれたが、そこに左サイドバックの長友佑都が飛び出して対応に行く。しかし、オーストラリアは逆手に取るように裏のスペースでマーティン・ボイルが受けて、余裕を持ってマイナスのクロス。遠藤がロギッチのマークでボックス内に吸収された状況で、走りこむアイディン・フルスティッチを守田が倒してしまった。

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!
 
【関連記事】
本田圭佑が「批判だけして飯食ってる人」に痛烈苦言! 「オーストラリア戦はサウジ戦よりよくなかった」とも
「彼がスタメンじゃなくて驚いた」本田圭佑の日本代表に関する発言を英紙が報道!「なぜもっと使われないのか…」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
「物議を醸すジャッジ」日本vs豪州戦の“PK取り消し”を韓国メディアが疑問視!「死地から生還した」
【セルジオ越後】森保監督のクビは繋がったかもしれないが…点が取れないFWはまだ使われることになるの?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ