• トップ
  • ニュース一覧
  • 【橋本英郎】新3ボランチの補完性に唸る。ただ、豪州戦でふたたび露見した“弱点”は改善が急務

【橋本英郎】新3ボランチの補完性に唸る。ただ、豪州戦でふたたび露見した“弱点”は改善が急務

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2021年10月13日

セットプレーはひとつの武器になっていくんじゃないか

大迫は気迫あふれるプレーで攻撃を牽引し続けた。(C)JMPA

画像を見る

 これはゴールには直結していませんが、セットプレーでも著しい改善が見られました。

 最終予選になってからはほとんどのセットプレーで相手選手が“先に触って”いました。今回はキッカーが代わったのもあるでしょう。ひとつ目の遠藤選手のシーン、後半の酒井選手のシーンといままでは「合わないだろうなぁ」と見ていたところで、しっかり決定機に繋がっていましたね。

 セットプレーがひとつの武器になっていくんじゃないか、そう感じさせる内容でした。

【④交代選手が活躍】
 浅野拓磨選手のファーストプレーはトラップミスからでした。あ、流れを変えられないかな、やばいかなって思っていましたが、結果的に彼が決勝点を演出しましたし、ゴール前に詰めていたのも途中出場の古橋亨梧選手でした。

 前節までは、流れを変えるはずの交代選手が躍動できず、流れを掴み切れませんでした。それがオーストラリア戦では、嫌な流れになってきているところできっちり勝ち切れた。最終予選では見られなかった展開なので、今後に繋がりそうです。

 以上がポジティブな点ですが、ネガティブな点もひとつだけ挙げたいと思います。

 それは、最終ラインのコントロールです。
 
 前半はラインが高く設定されていました。そのため中盤のプレスもかなり効いていました。が、後半になると疲れから、オーストラリアの単純な裏へのボール対応を繰り返すうち、中盤エリアの間延びが進んでいきました。

 前線のFWが下がって守備をして、なんとか中盤エリアの穴埋めをしていましたが、そうなるとボールを奪ったあとに幅や深みがなくなってしまい、クリアする、パスを繋ぐという形が取りにくくなっていました。

 特に大迫選手が交代してからは、高いボールを蹴っては跳ね返されてというシーンも多くなりました。結果的に失点に繋がったシーンなどは最たるシーンです。長友選手が中盤エリアに守備に出た際、DFラインが深いので、背後に広大なスペースを与えてしまいました。最終的に守田選手が必死に戻ったところでファウルを取られ、直接FKを蹴り込まれたわけです。

 これは、中盤のミスというより、DFラインのコントロールが利かない時間帯に起きた現象だと思っています。最終盤はふたたびラインコントロールが入ってきていたので少し安定しましたが、サウジアラビア戦、オマーン戦でも非常に気になっていた点でしたので、この点の改善は急務だと考えます。

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポ―ター!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-1オーストラリア|浅野が誘発したOGで勝ち越し!宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
【関連記事】
「日本はベトナムとは違うんだ!」豪州代表OBが日本戦を難しくした“序盤の痛恨ミス”を激しく糾弾!
【日本2-1オーストラリア|採点&寸評】田中と浅野が苦しむ日本を救う!森保監督はシステム変更で勝利を手繰り寄せる
【セルジオ越後】森保監督のクビは繋がったかもしれないが…点が取れないFWはまだ使われることになるの?
「物議を醸すジャッジ」日本vs豪州戦の“PK取り消し”を韓国メディアが疑問視!「死地から生還した」
「凄まじい、凄まじい執念だ」森保ジャパンに劇的敗北の豪州は地元メディアも嘆き節!「魔法の1点で追いついたのに…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ