【J1採点&寸評】神戸×浦和|退場者を出すもドローで終え、浦和が無敗優勝を達成!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月20日

最少失点に止め、無敗を貫く。

【警告】神戸=チョン・ウヨン(35分)、P・ジュニオール(48分) 浦和=宇賀神(43、75分)
【退場】神戸=なし 浦和=宇賀神(75分)
【MAN OF THE MATCH】梅崎 司(浦和)

画像を見る

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
開始早々のあわや1点というロングボールを後逸するミスはあったが、その後は気を引き締めて挽回するように力強い守備を見せた。

DF
46 森脇良太 6
インターセプトからスピードに乗った攻撃参加を展開。スピードのある小川に、強気な高いライン設定で対抗。
 
4 那須大亮 6.5
激しいプレッシャーで対峙したマルキーニョスを抑え込んだ。空中戦も強く、ハイボールを撥ね返し、クロスへの対応も良かった。
 
5 槙野智章 6.5
約50メートルを駆け上がる力強い弾丸ドリブルから武藤につないで、梅崎のゴールをお膳立てした。
 
MF
24 関根貴大 5.5
安田の攻め上がりに次第に慣れ、守備時でも勝った。しかし数的不利になった後、相馬を止めきれず同点弾につながるクロスを上げさせた。
 
8 柏木陽介 6
チョン・ウヨンのパワーでねじ伏せようとするプレスに怯まず、ボールを持てば必ず主導権を握った。幻のダイビングヘッド弾も。
 
22 阿部勇樹 6
危険なスペースを埋めながら、ポゼッション時は最終ラインへ降りて、前線へ確実にパスをつないだ。相手との競り合いでも負けなかった。
 
3 宇賀神友弥 5
イエローカード2枚で退場に。少しでも前に出てプレスをかけようとしていたが、一歩遅れる場面も。

7 梅崎 司 6.5
興梠のスルーを感じ取って、相手DFの前に入り込み、第1ステージ優勝決定ゴールをねじ込んだ。
 
19 武藤雄樹 6.5
開始早々の決定的なボレーは弾かれたが、梅崎の決勝ゴールをアシスト。チャンスでは必ずと言っていいほどゴール前に顔を出した。加えて守備でも間一髪のクリアを見せた。
 
FW
30 興梠慎三 6.5
ボールが入ると、観ていて気持ちいいぐらい心地良く攻撃のギアが上がる。宇賀神の退場後、守備を固めるためベンチに退いた。
 
交代出場
FW
21 ズラタン 6
怪我から復帰。退場者を出してチームが苦境に立たされるなか、最前線からのプレスを怠らず、高い位置で起点を作った。
 
MF
16 青木拓矢 6
1点のリードを保つため、ピッチへ。宇賀神の退場で押し込まれる展開も落ち着いた対応で、周囲と連係して堅い守備網を築いた。
 
MF
33 橋本 和 -
宇賀神の退場によりスクランブル出場。守備に重点を置いて対応していたが、CKでは身体を当てきれず渡邉のゴールを許す。

監督
ペトロヴィッチ 6.5
梅崎の先発起用が的中。怪我人が出て、宇賀神の退場劇もあったが、最低限の結果を残す。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)、本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

27分に梅崎が先制弾を奪う。優勝へグッと近づいた瞬間だった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

5連敗中と苦手としていたアウェー、神戸の地でも無敗を貫いた浦和。優勝を決め、喜びを爆発させた。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ