【浦和】攻守に大きな存在感を放った槙野智章「年間のことは頭にあるけど、この優勝は素直に嬉しい」

カテゴリ:Jリーグ

轡田哲朗

2015年06月20日

狙いどおりのインターセプトから先制点の起点に。

広島時代からの恩師・ペトロヴィッチ監督とともに写真撮影に応じる槙野。自身にとっても初のチームタイトルだ。写真:徳原隆元

画像を見る

優勝を決めた神戸戦の先制点は、槙野のインターセプトから始まった。狙いどおりのプレーで梅崎のゴールにつなげた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リーグ戦で5連敗中の『鬼門』と呼ばれた神戸で、浦和が第1ステージ制覇の栄冠に輝いた。無敗でのステージ優勝は、Jリーグ史上初の快挙だ。

【J1 PHOTOハイライト】浦和、第1ステージ優勝
 
 タイトルをその手にガッチリと掴み取ったその一戦は、浦和の背番号5が大きな存在感を発揮したゲームだった。
 
 神戸のネルシーニョ監督は、柏時代と同様に浦和に対してシステムを合わせてマッチアップさせる、『ミラーゲーム』を仕掛けてきた。当然、1対1の局面がピッチ上のそこかしこに発生することになる。槙野智章がマッチアップしたのは、快足を誇るストライカーのペドロ・ジュニオールだった。
 
 開幕から抜群の安定感を誇っている槙野は、P・ジュニオールに仕事をさせなかった。得意のドリブルを仕掛けてきた場面でも粘り強く対応し、ボールを奪う。思うようにプレーできないP・ジュニオールはイライラを募らせ、60分という早い時間帯での交代になった。その後、マッチアップの相手になったマルキーニョスも同様に封じ込めた。
 
「ペドロ・ジュニオールに時間とスペースを与えないことは、試合前から強く言われていた。そして、彼からボールを奪った瞬間がチャンスになると思って試合に臨んだ」
 
 その言葉どおりのプレーが先制点を呼び込んだ。27分、神戸がP・ジュニオールへ縦パスを入れた瞬間に鋭い出足でカット。そのまま中央をドリブルで持ち運ぶと、一人かわして左サイドの武藤へ展開。そして、武藤からのクロスを梅崎が決めた。チームが10人になった試合終盤に同点ゴールこそ許したが、「ここが勝負だ。あとは我慢だ」とチームを鼓舞し、守り切った。
 
 槙野にとって神戸戦はJ1通算200試合目のゲームだった。過去にベストイレブンや優秀選手賞といった個人賞を受賞したことはあるが、所属チームでのタイトルは初の経験になった。
 
 そして、広島時代からの恩師であるペトロヴィッチ監督に日本での初タイトルをプレゼントできたことも大きな喜びのひとつだ。トロフィーを手に、肩を組んで喜びを分かち合った。
 
 チームの目標はあくまでも年間チャンピオンであり、第1ステージ制覇は通過点に過ぎないが、それでも槙野は喜びを隠さない。
「年間のことは頭にあるけど、この優勝は素直に嬉しい。個人的には嬉しいタイトルになった」
 
 トロフィーを持って大喜びしたその瞬間には、チームのムードメーカーとして最高の笑顔を見せていた。
 
取材・文:轡田哲朗

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ