• トップ
  • ニュース一覧
  • 東京五輪で見えた強豪国との距離。「頑張って戦う」先に森保ジャパンのW杯ベスト8入りはあるか?

東京五輪で見えた強豪国との距離。「頑張って戦う」先に森保ジャパンのW杯ベスト8入りはあるか?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年08月09日

個々の欧州での経験を武器に、共通理解を深めてハードワークで踏みこたえているのが実状

8日にベルギー挑戦が発表された林。欧州でさらなるレベルアップを果たせるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本が現状でフル代表を招集した場合、五輪代表から上乗せできる材料は少ない。2列目の競争は激化しオプションは増えるが、左サイドバックの人材難は五輪と共通の課題だし、大迫勇也への依存にも早晩限界が来る。むしろ五輪を戦ったチームが、限りなく近似値のままワールドカップにも挑戦していくことになりそうだ。
 
 明確なのはスペインがポゼッションを主体とした攻撃面を特徴としているのに対し、日本はこのレベルのチームを相手にすると、経験豊かな最終ラインを中心に粘り強く耐え抜く守備で対抗するしかないということだ。森保一監督は、戦術的にも国際スタンダードをなぞっており、今のところ相手を驚かせる武器はない。個々の欧州での経験を武器に、共通理解を深めてハードワークで踏みこたえているのが実状で、このままだと歴史を塗り替え突破口を開くには相手を上回るタレントの誕生を待つしかない。

 ワールドカップのアジア地区予選は、環境面で大きな負担を強いられ、予期せぬ出来事との遭遇もある。だから確かに楽な道ではないのだが、それを切り抜けても世界で戦う基準を満たすわけではない。かつてイビチャ・オシム氏が提言したように、やはり常に強豪国の一角を占めるには日本独自の道を探る必要がある。現状のまま「頑張って戦う」先にベスト8が待っていると考えるのは、あまりに楽観が過ぎると思う。

文●加部 究(スポーツライター)

【PHOTO】五輪代表を除いた直近の日本代表メンバーの顔ぶれは?
【関連記事】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ