• トップ
  • ニュース一覧
  • Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」

Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2021年06月15日

「サッカーは格闘技だと、勝澤先生は常々言っていました」

 Jリーグや関東大学リーグなど、各カテゴリーの第一線で活躍する指導者を清水東は数多く輩出しているが、その理由を栗田監督に尋ねると「勝澤イズム」に言及した。「大先輩がたくさんいるなかで、自分が言うのもおこがましいけれど」と前置きしたうえで、こう続けている。

「サッカーは格闘技だと、勝澤先生は常々言っていました。そういうイズムがみんなの心にずっと残っていて、伝わっているんだと感じています。僕自身、一言では言い表わせないほど影響を受けました。緊張感のある練習の雰囲気を今でも覚えていますし、部員全員が本気で全国制覇を目指していた。パス1本にもこだわって、魂を込めて練習に取り組んでいた。間違いなく自分のサッカー観のベースになっていますね」
 
 1966年から20年あまりにわたって清水東を率いた勝澤監督は、多くの教え子に影響を与え、指導者に限らず、Jクラブやサッカー協会のスタッフなど、日本サッカー界の発展に貢献する人材を輩出している。同監督もそもそも清水東OBだ。
 
 多感な世代と言われる高校時代に自分の心を射抜くような衝撃は、その後の人生を大きく左右していく。清水東OBに限らず、自身の源泉が高校時代にあるという指導者はきっと多いことだろう。
 
取材・文●小室 功(オフィスプリマベーラ)
 
【関連記事】
【キルギス戦のスタメン予想】CFでオナイウを起用か?5・6月シリーズ最後のアピール合戦へ
浦和はなぜ酒井宏樹が必要だったのか? 西野TDが明かす「レッズに課された責任」
「無料で移籍させてもいい」武藤嘉紀のニューカッスル“一時復帰”に地元ファンが反発。退団濃厚もオファーは…
まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~北海道・東北編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ