Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2021年06月15日

それぞれの立場で活躍する清水東OBたち。心温まる関係性のふたりも…

左から、大木監督(元京都など)、栗田監督(明治大)、長谷川監督(FC東京)、相馬監督(鹿島)、堀池監督(順天堂大)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 高校サッカー界の名門のひとつ、清水東(静岡県)をルーツにする指導者は少なくない。いや、むしろその多さに思わずうなってしまうのではないか。

 FC東京の長谷川健太監督や鹿島アントラーズの相馬直樹監督がそうで、順天堂大の堀池巧監督や明治大の栗田大輔監督も清水東OBだ。かつてヴァンフォーレ甲府や京都サンガF.C.などで指揮を執り、ショートパスを駆使する独自のスタイルで上位陣を脅かした大木武監督の名も忘れてはいけないだろう。今年、還暦を迎えるが、現在はJ3のロアッソ熊本で監督を務めている。

 同期の長谷川監督と堀池監督は高校時代、大榎克己氏(現・清水エスパルス強化部)とともに「清水の三羽ガラス」と称された。彼らが2年生のときに出場した、1982年度の第61回大会で清水東の悲願である選手権初制覇を成し遂げ、続く第62回大会では準優勝を飾るなど、全国にその名をとどろかせた。

 高校卒業後、長谷川監督は筑波大から日産自動車、堀池監督は順天堂大から読売クラブ、大榎氏は早稲田大からヤマハ発動機に進み、その後Jリーグでのプレーも経験し、現役を引退。それぞれがそれぞれのペースで指導者への道を歩んだ。大榎氏も以前、母校の早稲田大や清水での監督経験を持っている。
 
 今年51歳の栗田監督は、相馬監督の一学年先輩にあたる。名伯楽とうたわれた勝澤要監督のもと、全国制覇を目指して、日々ボールを追いかけた間柄だ。卒業から30年余りが経過するが、日本のサッカー界に身を置く者同士。何かあれば、連絡を取り合っている。

 シーズン途中、ザーゴ前監督の後を受け、鹿島のコーチから監督に内部昇格した際もそうだった。「大変なチーム状況だと思うけれど、(激励の気持ちを込めて)相馬監督にメールを送った」と、栗田監督は打ち明ける。すると、相馬監督から「頑張ります」との返信があったそうだ。

 この話題に触れたとき、栗田監督は相馬監督のことを最初は苗字ではなく、実は「直樹」と呼び、「相馬監督」と言い直している。何とも心温まる思いがしてならなかった。お互いの立場や肩書がどう変化しようと、栗田監督にとっての相馬監督は高校時代をともに過ごした仲間のひとりであり、「直樹」は変わらず「直樹」のままなのだろう。ふと、そんな感慨に浸ってしまったからだ。
 
【関連記事】
【キルギス戦のスタメン予想】CFでオナイウを起用か?5・6月シリーズ最後のアピール合戦へ
浦和はなぜ酒井宏樹が必要だったのか? 西野TDが明かす「レッズに課された責任」
「無料で移籍させてもいい」武藤嘉紀のニューカッスル“一時復帰”に地元ファンが反発。退団濃厚もオファーは…
まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~北海道・東北編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ