【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか

カテゴリ:日本代表

二宮寿朗

2021年05月26日

田中は東京五輪、カタールW杯の主役になれる素質も

巧さと強さを兼備する田中。今季のJリーグでも出色のパフォーマンスを披露している。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 田中は言うまでもなく、独走を続ける川崎フロンターレの主力。いまだ負けなしで、2位名古屋グランパスに勝点12差をつけている。

 川崎の勢いをU-24代表にも。

 田中が出場停止だったU-24アルゼンチン代表との初戦、指揮を執った横内昭展コーチは、4バックを採用して左サイドハーフに三笘薫、左サイドバックに旗手怜央を配置した。つまり川崎のユニットを、当てはめたわけだ。

 2戦目は田中と板倉のボランチコンビは言うまでもなく川崎の育成組織からトップチームに上がってきた共通項がある。後半からは同じく三好康児も入ってきた。“フロンターレユニット”はオプションの幅に広がりを持たすことができる。テストから実用に移る可能性は十分にあると思っている。

 田中が東京五輪で活躍していけば、A代表だってフロンターレ色を打ち出してくるかもしれない。昨年の川崎のように守田英正をアンカーに置いて、田中がインサイドハーフに入る4-3-3を採用するのも面白い。

 コロナ禍のアジア最終予選がどうなるか、読めないところはある。世界の感染状況によっては移動制限や隔離措置の問題も出てくる。欧州から呼べないパターンも出てくるかもしれない。

 選手たちはピッチ外において食事も別々で、コミュニケーションを取りづらいという話も聞いた。先の韓国戦、モンゴル戦においては吉田麻也と守田は乗り継ぎや給油を経ての大移動だったという。
 
 コンディションの調整もコロナ禍ではなかなか難しい。難しいチーム作りを強いられるなか、毎日一緒にトレーニングしている選手たちをユニットとして使うことは全然アリだと考える。田中や三笘は今夏、海外に飛び出していくかもしれないが。

 最終予選で大事にしたいのがセットプレー。これ、川崎の強みでもある。右の田中、左の久保建英という極上のキッカーは、相手にとっても脅威となるに違いない。

 東京五輪、カタールW杯の主役になる資質を、田中は持っている。

取材・文●二宮寿朗(スポーツライター)

【日本代表PHOTO】いよいよ代表ウィークに突入。W杯予選に向けて選手が再集結

【日本代表PHOTO】U-24ガーナ、ジャマイカ戦に臨む招集メンバー27人

【日本代表PHOTO】タジキスタン、キルギス、ジャマイカ、セルビア戦に臨む招集メンバー24人

【日本代表PHOTO】ミャンマー戦に臨む招集メンバー26人
 
【関連記事】
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
致命的なデメリットはない!? “東京五輪中止”なら日本サッカー界にはどんな影響が?「真っ先に肩を落とすのは…」
【森保ジャパン最新序列】久保はセカンドトップの二番手に。大迫、遠藤、吉田らが不動
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
【セルジオ越後】オーバーエイジはDF2人にボランチ1人。森保監督は相手が上だと認めているよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ