ベンゼマのEUROメンバー入りに、フランス全土が大興奮! 電撃復帰の舞台裏と新たな“懸念”【現地発】

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2021年05月20日

ベンゼマの“失言”がさらに事態を長引かせ…

2014年当時のヴァルビュエナ(左)とベンゼマ。 (C)Getty Images

画像を見る

 ベンゼマが代表招集の対象外になったのは、代表チームメイトのマテュー・ヴァルビュエナを脅した容疑で、二人の選手が顔を合わせること自体が法的に禁止されたため。ところがベンゼマが司法当局の手に委ねられている間に、チームは主砲なしでうまく回り始め、EURO2016ではファイナリストに、2018年ワールドカップでは世界王者に昇りつめてしまった。

 その間デシャン監督は、「ベンゼマを二度と招集しない」とは一度も言わなかった。ところが業を煮やしたベンゼマが、フラストレーションを溜めてスペイン紙『MARCA』のインタビューに応じ、「デシャンはフランスの一部人種差別主義者たちに影響されたのだ」と言ってしまった。

 これでベンゼマ派と思われる何者かが、ブルターニュにあるデシャン監督宅に「人種差別主義者」と書きつけ、ムスリムルーツの夫人をもつエリック・カントナまでがデシャン監督を人種差別者と批判するなど、社会問題に直結する事態に発展。落書きされた家はデシャン夫人の故郷にあり、夫人とその一族も白眼視される危険に晒された。このためデシャン監督は、家族を守るためにもベンゼマ問題を脇に置くことになった。
 
 その後もメディアはベンゼマ問題を何度も浮上させ、フランスはほぼ真っ二つに割れてきた。ベンゼマに代わって代表CFになったオリヴィエ・ジルーも逆恨みを受けた。だが、みなが忘れたころに飛び出した今回のどんでん返しで、フランスは再び大きな希望を持つことになった。

 もっとも、デシャン監督が自分との関係が複雑化した選手を復活させるのは、これで少なくとも4回目。デシャン監督を「売女の息子め!」と罵ったアンドレ=ピエール・ジニャック、「タマを煩わせるヤツだ!」と毒づいたアテム・ベンアルファ、リザーブリスト入り拒否のメールを送りつけたアドリアン・ラビオなどが、いずれもしばらく後には再招集されてきた。

 今回もデシャン監督は、「誰にでもミスする権利はある」ときっぱり。「人間である以上、いろいろなことがある。だが私は常に、自分個人のことは脇に置いて、フランス代表の利益を第一に考え決断してきたつもりだ」と語り、今回もチームにとって最善の道と判断したことを強く滲ませた。また、実のところベンゼマ・ファンのノエル・ルグラエット連盟会長についても、「今日は大喜びしているよ」と言って記者団を笑わせた。
 
【関連記事】
ベンゼマが6年ぶりに電撃復帰!フランス代表がEUROの登録メンバー26人を発表!デシャン監督は“追放”を「反省している」 
「無類のスーパーカー好き!」ベンゼマの“総額8億円”を超える豪華カーコレクションを英紙が特集!
久保建英がマドリーに復帰する可能性は何%? “リアルな現状”を番記者に直撃!「タケへの評価が高いラウールが監督になれば…」【現地発】
「サカイを決して忘れない」酒井宏樹の“退団報道”に、現地ジャーナリストが惜別「アジアン・スピリットが好きだった」
「やはり超一流」EUROに出場するフェルマーレンを神戸・指揮官も称賛!一方で「難しくなる」と複雑な胸中も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ