「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年04月18日

「もうひとつ上の代表に飛び級するためには、自チームでレギュラーを掴まないといけない」

 抜群の決定力で結果を残した貴田。FC多摩ジュニアユース時代から将来を嘱望されており、FWとしての嗅覚は当時から群を抜いていた。昨冬のU-15高円宮杯でも4得点を挙げて得点王となり、チーム初のベスト4入りに貢献。複数のJクラブが獲得に名乗りを上げるなど、中学年代では全国的にも名の通った点取り屋だった。

では、なぜ彼は中学時代から評価を得ていたのか。それは、ゴールを奪う意思と技術がマッチしていたからだ。FC多摩の平林清志監督は言う。

「大好きなプレーは点を取ること。『自分のゴールで勝つ』と常に思っている。他の誰かが得点によって1-0で勝っても、彼から見れば面白くないんです。彼は(ゴールへの欲が)露骨に出て面白い」

とはいえ、全国大会でゴールを奪う作業は簡単ではない。得点感覚が発揮できるようになったのは中学3年生を迎えてから。中学2年生まではFWとして未完成で、右足のシュート以外は得点を奪う術を兼ね備えていなかった。

そんな貴田にとって、転機になったのが中学2年生の時だ。平林監督の元で苦手としていたヘディングの練習に取り組むと、空間把握能力が向上。頭でボールを捉える技術だけではなく、ボールの落下地点を読めるようになった。その結果、ゴールへの意識と技術がマッチ。平林監督から「得意の右足を生かすために、左足で打って相手に意識をさせたほうがいい」と助言を受けたことも重なり、ゴールを決める才能が一気に花開いた。

 ゴールを奪うスキルは一級品。しかし、できないプレーもまだ多い。今回の合宿では森山監督から課題のオフ・ザ・ボールの動きを教わり、中村憲剛ロールモデルコーチからも居残りで“止める”“蹴る”の基本技術をみっちり仕込まれた。名古屋U-18でレギュラーを獲得するためにも、今合宿での“教え”が財産になるのは間違いない。

「彼はとんでもない潜在能力を持っている選手」と評する森山監督。期待を込めて指揮官は貴田に発破をかける。

「彼もチームに帰って本気でレギュラーを取ってほしい。もうひとつ上の代表に飛び級するためには、自チームでレギュラーを掴まないといけない。本来であれば試合に出られていない状況で、U-17の代表に呼ぶのはおかしいはず。そのメッセージは代表スタッフからも発している」

 本人も代表での結果に満足せず、さらなる成長を見据えている。「U-16代表のチームメイトの中には、トップの練習参加や練習試合を経験した選手もいた。(橋本/東京V・1年)陸斗や(福井/鳥栖U-18・2年)太智君はすでにプロデビューしているので、自分も早くトップでプレーしたい気持ちがある。トップでプレーしている選手を見て、まだまだだなと思ったし、刺激を受けて意識もかなり高まった」とは貴田の言葉。代表で得た経験を持ち帰り、天性のゴールゲッターがさらなる飛躍を遂げられるか注目だ。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)
【関連記事】
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
昌平の切り札は第二の内田篤人になれるか? 選手権で決定力を発揮してきた“9番”がサイドバック転向のワケ
プレミア開幕戦で“規格外”の片鱗! セネガル人の父を持つ流経大柏2年生守護神の底知れぬポテンシャル
【プレミアリーグEAST展望】高校年代最高峰リーグが2年ぶりに開催!優勝争いは柏、青森山田を軸に展開か?
【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ