• トップ
  • ニュース一覧
  • 「誤審も含めサッカーという時代を生きてきた私は…」。原副理事長が語る“VAR導入の是非”

「誤審も含めサッカーという時代を生きてきた私は…」。原副理事長が語る“VAR導入の是非”

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年04月12日

とりあえず今季J1でVARをやってみて、どうなるか。

最終的な判断は主審に委ねられる。VARはあくまでサポート的な役割を担うシステムだ。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 VAR導入については、ヨーロッパで今なお賛否が分かれています。分かりにくい、試合進行の妨げになるとか、そういう見解もあります。ゴールラインテクノロジー(ゴールか否かを見極めるシステム)だけ入れて、あとはシンプルに審判3人に委ねようという意見もあるようですが、こうした議論はしばらく続くはずです。

 Jリーグに限れば、ここまでVARは受け入れてもらっている感触があります。選手たちのプレーからも「VARの中で上手くやろう」というスタンスが見えています。もちろん多少なりともストレスを感じる部分はあるはずです。でも、現行のルールでどう勝つかを、監督、選手たちは真摯に考えてくれています。

 とりあえず今季J1でVARをやってみて、どうなるか。1シーズン分のデータを検証できれば見えてくるものがあるはずで、それで来季J2にも導入すべきかの議論も可能になるでしょう。個人的には、J2、J3はアディショナル・アシスタントレフェリー(追加副審。ゴールの判定やエリア内のジャッジの誤りをなくす役割を担う)というやり方を模索してもいいと考えています。いずれにしても、今季のVARの成果を知ることがまずは重要です。
 
 誤審も含めサッカーという時代を生きてきた私は正直、VAR云々に関係なくルールを複雑化したくないです。サッカーの魅力はシンプルで、分かりやすいところです。でも、VARの介入でルールが細かくなってしまうのはもはや避けられない流れ。しばらく様子を見るしかありません。

 ただ、サッカーは基本的にピッチ上のレフェリーが判定をする。そこは今も昔も変わりません。VARはあくまで補助的な役割ということを、ここでは強調しておきたいです。

<プロフィール>
原 博実(はら・ひろみ)/1958年10月19日生まれ、栃木県出身。現役時代はFWで早稲田大、三菱重工などで活躍。日本代表歴(国際Aマッチ)は75試合・37得点。現役引退後、浦和、FC東京の監督を経て日本サッカー協会で技術委員長なども務めた。16年3月にJリーグの副理事長に就任し、現在に至る。

取材・構成●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)
【関連記事】
海外も騒然となった大久保嘉人への“蹴り上げシーン”、判定は妥当だったのか? 元レフェリーの見解は…
「リーダーが正しく牽引できれば、Jリーグもいずれ世界ナンバーワンに」【村井チェアマンのJ'sリーダー理論】
「フットボールの喜びを殺すよ…」“偉業達成”のサラー、VARへの不満を漏らす「好きじゃない」
モンゴル一蹴も目を向けたい“懸念すべき依存”。守備陣で心配なのが…【編集長コラム】
最高級のパフォーマンス。アルゼンチンを機能不全にさせた立役者は?【編集長コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ