【森保ジャパン最新序列】大迫勇也、堂安律らが不在…攻撃陣の構成は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月09日

中盤2列目は原口、伊東がファーストチョイス?

今回の2試合でもシステムは柔軟に変えそう。3バックも試されるだろう。

画像を見る

 ボランチは柴崎が絶対的な軸だ。その相棒を争うのが遠藤、中山、橋本の3人。元々は遠藤がその席を確保しつつあったが、先のカメルーン戦では中山がスタメンに抜擢されるなど、森保監督は選手層に厚みを加えようとしている様子。代表復帰の橋本を含めて、激しいレギュラー争いが行なわれるだろう。

 中盤2列目は前述した堂安、そして10番を背負ってきた中島翔哉(ポルト)が不在。これまでの起用法や経験値を考えれば、左は原口、右は伊東がファーストチョイスになるだろう。注目は久保。所属するビジャレアルでも調子を上げている印象で、代表でも目に見える結果を残せるか。東京五輪世代の三好、追加招集で初のA代表入りを果たした奥川の活きの良いパフォーマンスにも期待したい。パルチザンで逞しく成長する浅野は、サイドハーフでの起用もありそうだ。
 縦関係になる2トップは、南野が軸になるはずだが、10月の2連戦で評価を高めたはずの鎌田も、できるだけ長い時間プレーを見てみたい存在。

 一方でエースの大迫が不在のCFは、鈴木と浅野が争う形か。状況によっては南野や鎌田らを一列上げるパターンもあるかもしれない。

 3-4-2-1の場合、焦点になるのは、ウイングバックとシャドー。特に左ウイングバックには長友、原口がおり、シャドーには個性的なタレントが揃う。連係面を含めて森保監督がどんな並びを選ぶのか注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【セルジオ越後】日本代表はいつから不動に?久保も結果を出せないなら落としてあげるのが教育だよ
なぜ久保建英は覚醒しはじめたのか? スペイン人番記者が分析「エメリの“12番目の選手”に…」【現地発】
久保建英とアンス・ファティ――マシアが生んだ“2人の天才”の知られざるエピソードをバルサ関係者が語る「やりたい放題だった」【現地発】
「欧州でプレーする精鋭たち」対戦国パナマのメディアが森保ジャパンを分析! “注意すべき8人”にリストアップされたのは?
日本代表、オーストリア遠征の招集メンバー24名を発表! 復帰の浅野拓磨、橋本拳人など欧州組のみの選考に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ