「欧州でプレーする精鋭たち」対戦国パナマのメディアが森保ジャパンを分析! “注意すべき8人”にリストアップされたのは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月09日

名指しされたのは南野、久保、吉田らのほか…

敵国メディアも名前を挙げた(左から)吉田、南野、久保。写真:龍フェルケル

画像を見る

 森保一監督率いる日本代表は、11月9日からオーストリアのグラーツで合宿を行ない、13日にはパナマ、17日にはメキシコと対戦する。

 前回のオランダ遠征に続き、メンバーは欧州組のみで構成。ビーレフェルトの堂安律がクラブの意向により辞退したため、レッドブル・ザルツブルクに所属する奥川雅也が追加で初招集され、24名で2試合を戦う。

 対戦するパナマのメディア『Diario DiaaDia』は「対戦相手の日本は移動可能な欧州組のみを集めた。リバプールに所属するタクミ・ミナミノのほか、スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、セルビア、ロシアなどの1部リーグで活躍する精鋭たちが顔を揃えている」と伝えた。

 また、南米メディア『Futbol Centroamerica』のパナマ版は、注目すべき8人のプレーヤーをピックアップ。南野をはじめ、久保建英(ビジャレアル)、長友佑都(マルセイユ)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)、原口元気(ハノーファー)、柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)の名前を挙げている。

 パナマ代表はロシア・ワールドカップにも参加したFWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)やMFアニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクエイクス)ら、国外組を中心に24名が招集された。ちなみに、先月行なわれたコスタリカとの2回の親善マッチはいずれも1-0でパナマが勝利している。

 侮れないパナマとの対戦で、森保ジャパンの“精鋭”たちはどのような戦いを見せるのか、注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ