久保建英“冷遇”の真意は? 渦中のエメリ監督に直撃!「タケにはカガワらを超える才能がある。だが…」【独占インタビュー】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2020年10月15日

「日本国民は最高峰のクラブで活躍する選手の出現を待ち望んでいる」

今シーズンは開幕5試合で54分しかピッチに立っていない。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

――タケの今の状況を監督としてどのように見ていますか?

「タケをどう成長させるか。これは本人の挑戦であると同時に、われわれビジャレアル関係者、そしてマドリーにとって重要なテーマだ。タケの挑戦とは、日本サッカーの歴史に名を刻む選手になることだろう。さらに日本サッカーの顔となり、将来への道しるべになることであるはずだ。

 過去にも多くの偉大な日本人選手がヨーロッパで成功を収めてきた。ドルトムントの香川(真司)、シャルケの内田(篤人)、マルセイユの酒井(宏樹)、インテルの長友(佑都)、レスターの岡崎(慎司)などがその代表格だ。ただ、まだトップレベルで活躍を見せた選手はいない。

 日本はサッカー熱の高い国だ。そんななかで国民は、ヨーロッパ最高峰のクラブで活躍する日本人選手の出現を待ち望んでいる。そこに到達し、足跡を残せる選手をね。そこに現れたのがタケだ。彼にはもちろんそのポテンシャルがある。ただまだ19歳の選手だ。周囲の人間は段階を踏まずに早急に結果を求めすぎているように感じる。それはタケにとって何のプラスにもならない」
 
――いまタケはどの段階にいるのでしょうか?

「プレシーズンの時点で、タケにはチームへの適応には一定のプロセスが必要であることを説明している。とくに当時はなかなかエンジンがかからない様子だったからね。そもそも入団する前の段階で直接話をした時に、2列目の3つのポジションで起用するというこちらの構想を伝えた。それが将来のためになるともね。

 現状右サイドがもっともハイレベルなパフォーマンスを見せるポジションだ。ただその7番はすでに他の選手によってカバーされ、入り込む余地は限られている。だから出場機会を得るには、10番(中央)や11番(左サイド)でもプレーできるところを示せるように成長していかないといけない。実際、そういった考えもあって実際の試合でも起用しているんだ。

 タケが中央でプレーできるようになることでチームにもメリットがもたらされる。いまチームとしてその課題に取り組んでいるところで、良くはなってきたけど、まだ右サイドでプレーしている時のような揺るぎない自信というものは感じられない。

 左サイドはもっとも不得手にしているポジションで、まだ適応の段階にある。ただ繰り返すが、そうしたプロセスを経ることで選手は成長を重ねていくものなんだ。タケも現在の状況を乗り越えることで重要な選手になると確信している」
 
【関連記事】
「マドリーの管理ミスだ」久保建英の現状にレアルOBも苦言!「日本の宝石を犠牲にして…」
「マドリーは怒っている」ついに久保建英のレンタル打ち切りを検討か?「冬に主役になれるクラブへ」と現地報道
「この監督は何も分かってない!」久保建英の“冷遇問題”についにJリーガーも参戦!ビジャレアル指揮官を痛烈批判
「タケ!」スタジアムに響いた久保建英への“叱責”…らしくない5分で2度のボールロストに、エースも注文
【金田喜稔】“弱点”になり得る久保は先発で使いづらい。序列が逆転したポジションが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ